« 燦く秋 | トップページ | 時を見つめて »

2013年12月 5日 (木)

黄金の世界

Img_7011

黄金といっても金の話でも、黄金鄕・エルドラドのことでもありません。
イチョウが明るく色づいてきて、周りの世界がひときわ明るくなったように感じる晩秋の一日、しばし黄金色と戯れてみた。

Img_7013

 

Ityou_6995_20131127

 

Ityou_6999_20131127

 

Ityou_7000_20131127

 

Ityou_7002_20131127

 

Ityou_7007_20131127

 

Ityou_7050_20131127

 

Ityou_7046_20131127

”金”雑感
英語ではmoneyでありgoldであるものが、日本語ではひとつの文字”金”となる。

考えてみると日本語という言語は、一つの文字(単語)にもいろいろな意味があり、奥深く面白いですね。
同じような言い回しでも、人それぞれにより全く逆の捉え方をすることも。
良いのか悪いのか、争いを好まない民族性がそこに現れているような気もする。決め付けることなく、なんとなく曖昧さを残して、仲間内の融合を図っていくひとつの知恵かも知れない。

しかし、それをいいことに、どうにでも解釈できる用語を羅列して、己の良いように解釈するこの国の官僚、政治家には、はっきりとNOと言おう。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 燦く秋 | トップページ | 時を見つめて »

その他」カテゴリの記事

コメント

いつも思いますけど、なかなか露出が難しい領域、色合い
ですよね。比較的プラス補正が功を奏することもあるよう
ですが…。
そんな中で6枚目の画像、こういうの好きです。

投稿: 翼 | 2013年12月 5日 (木) 12時01分

翼さん、こんばんは、いつもありがとうございます。
透過光で透き通った黄色を表現したいのですが、
むつかしいですね。
いよいよ花も紅葉も終わって、さて次は何をしようか
と、迷う季節になってきました。

投稿: イナ | 2013年12月 5日 (木) 18時53分

今晩は。
植物はウソをつかないから、私たちを感動させる、本当の美しさがありますね。
この素直な植物の姿を見るにつけ、ほとほと人間の身勝手さには愛想が尽きます。

投稿: tama | 2013年12月 5日 (木) 22時14分

たまさん、こんにちは。
本当にそうですね、ただ黙々と生きる。
若い頃は、生きる意味を無理に探そうとしていた
ように思います、人間も他の生き物たちと同じで
与えられた命をただ黙々と生ききる、それが大切
なことなのではないかなと、最近思います。
人間は他の生き物と違うのだという、誤った傲りが
この世界をかえって住みにくくしているのではない
かなと、思ったりしています。

投稿: イナ | 2013年12月 6日 (金) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/54091554

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の世界:

« 燦く秋 | トップページ | 時を見つめて »