« ミドリハコベ | トップページ | 返り咲きのスミレ »

2013年11月29日 (金)

コシロノセンダングサ

小白の栴檀草    キク科

Kosironosendangusa_6578_20131030

夏から秋、そして冬にかけて草むらを歩くと、必ずと言っていいほどズボンに絡み付いてくる代表格の、ヌスビトハギとセンダングサの種。
ちょっと厄介者ではあるが、そのセンダングサ(コシロノセンダングサ)の花は意外と小さく可愛い。
その可愛さに免じて、種まきの手助けをしてやろう。

最初、下2枚の画像のものもコシロノセンダングサかと思ったのだが、よくよく見てみると、どうやら違う種類の花のようだ。
違うと言うことは分かるのだが、はたしてなんという花なのか分からない、キク科の植物ではないだろうかと言うことはなんとなく分かるのだが、秋のキク科はさっぱりです。
お分かりの方がいらっしゃいましたら教えていただけると、ありがたいです。

Kosironosendangusa_6577_20131030

Kosironosendangusa_6592_20131030_2

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« ミドリハコベ | トップページ | 返り咲きのスミレ »

秋の花」カテゴリの記事

花名 か行」カテゴリの記事

コメント

先日は、浜松まで都合をつけてお見えいただき、ありがとうございました。
午後には、Aさん、Nさん、Sさんにもお会いできました。

めっきりと野草も減ってきましたが、
草叢をよく見ると、小さな花を見つけることができますね。
しばらくは、木についた紅葉、次に地面に落ちた紅葉でも楽しもうかな。

インスピレーションで、1枚目はハキダメギク、
2枚目は、ヌマダイコンかオカダイコンかな。
正解が出されるまで、楽しみに待ちます。

投稿: やまぼうし | 2013年11月29日 (金) 20時13分

やまぼうしさん、おはようございます。
みなさんの素晴らしい作品に触れることができ、
大いに刺激を頂いて帰りました。

ご教示ありがとうございます、調べてみます。
しかし、○○ギクには、お手上げです。

投稿: イナ | 2013年11月30日 (土) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/53791803

この記事へのトラックバック一覧です: コシロノセンダングサ:

« ミドリハコベ | トップページ | 返り咲きのスミレ »