« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

返り咲きのスミレ

Sumire_6564_20131030

刈り入れの終わった田の脇の土手になにやら小さな紫色の花が・・・よくよく見るとスミレだった。
返り咲きのスミレ、こんな時期にスミレの花を見られて嬉しい、でも、雨に打たれて濡れそぼってしまったせいか、なんとなく弱弱しい感じだ。

返り咲きのスミレを見つけた日には、きっと良いことがあると言うことだが、この日はこの後いろいろの花に出会えた。
やっぱり良いことがあったんだ。

Sumire_6566_20131030

 

Sumire_6562_20131030

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

コシロノセンダングサ

小白の栴檀草    キク科

Kosironosendangusa_6578_20131030

夏から秋、そして冬にかけて草むらを歩くと、必ずと言っていいほどズボンに絡み付いてくる代表格の、ヌスビトハギとセンダングサの種。
ちょっと厄介者ではあるが、そのセンダングサ(コシロノセンダングサ)の花は意外と小さく可愛い。
その可愛さに免じて、種まきの手助けをしてやろう。

最初、下2枚の画像のものもコシロノセンダングサかと思ったのだが、よくよく見てみると、どうやら違う種類の花のようだ。
違うと言うことは分かるのだが、はたしてなんという花なのか分からない、キク科の植物ではないだろうかと言うことはなんとなく分かるのだが、秋のキク科はさっぱりです。
お分かりの方がいらっしゃいましたら教えていただけると、ありがたいです。

Kosironosendangusa_6577_20131030

Kosironosendangusa_6592_20131030_2

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

ミドリハコベ

緑繁縷    ナデシコ科

Midorihakobe_6570_20131030

この時期には余り見た記憶が無い(気がつかなかっただけかもしれないが)ミドリハコベが咲いていた。
明け方まで降っていたと思われる雨の滴を全身にまとい、生き生きとした表情で・・・
雨にしろ、朝露にしろ、水滴が付いているとついつい目を奪われるのは自分だけかな?

Midorihakobe_6571_20131030

 

Midorihakobe_6572_20131030

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

コセンダングサ

小栴檀草    キク科

Kosendangusa_6963_20131120

草叢に足を踏み入れると、知らない間にところ構わずくっついてくる厄介者の代表ともいえる、センダングサの仲間の種子。
後で取るのに一苦労だが、こうして陽を受けて輝く様は美しいと思う。
この花も花の時期より、花後の種の状態のほうが好きだ。

Kosendangusa_6948_20131120

 

Kosendangusa_6953_20131120

 

Kosendangusa_6954_20131120

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

秋の夕暮れ  II

Yamanaze_6941_20131120

昨日に続き、秋の夕暮れ時、傾きかけた陽の光を受けて、ちょっと目に付いたものを集めてみた。

上は紅葉しかかったヤマウルシと思われる葉が、夕陽を受けて一層綺麗に輝いていた。

下はカゼグサ、この数十分後同じ場所を通ったが、すでに日陰となってしまって、輝くカゼグサはどこかに消えてしまって、ごくありふれたカゼグサがそこには居た。

Kazegusa_6932_20131120

 

Kumonosu_6936_20131120

へんなものばかり撮ってるね、と言われそうですね。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

秋の夕暮れ  I

Susuki_6966_20131120

光り輝き、風に揺れるススキの穂。
秋の夕暮れ時ならではの光景に出会えた。しかし、秋の夕陽はつるべ落としとはよく言ったものだ、もたもたしていると、陽はどんどん傾き、撮ろうとしてたものの輝きがあっという間に失われてしまう。
要領の悪い人間には「時間よ止まれ~♪」と言いたくなってくる。

Susuki_6969_20131120

 

Seitakaawadatisou_6958_20131120

 

Kouyou_6933_20131120

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

黒い実と黄葉した葉

Ebiduru_6928_20131120

久しぶりに自宅近くの山裾の小道を歩いてみた。
気候温暖な当地にも遅い秋がやってきて、ところどころに紅葉した樹木が目立つようになって来た。

午後の日差しを浴びて輝く黒い実が目に付いた、おそらくクサギに絡みついたエビヅルかヤマブドウの実ではなかろうか。(間違っているかもしれません)

最初は黒い実ばかりに目が行っていたのだが、ふと気が付くと少し後にある虫食いだらけの黄葉しかかった葉が目に付いた。何かとても個性的で妙に心に引っかかる、そこで葉っぱにピントを合わせて撮ったのが、下の画像。
もう少し「光」が欲しかったと、後で思う。

後で調べたら、エビヅルあるいはヤマブドウならその実は食べられるそうだ、惜しいことをした。

Kareha_6925_20131120

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

海峡に沈む夕陽

普段こういうシーンはほとんど撮ったことが無いのだが、海峡に沈む夕陽になにか哀愁のようなものを感じて、しばらく落ち行く夕陽を追ってみた。
刻々と変化していく空の色と海の色、見ていて時を忘れてしまう。
しかし、風景写真はどう撮っていいのかさっぱり分からない、難しい。

Sunset_6878_20131113

 

Sunset_6901_20131113

 

Sunset_6890_20131113

 

Sunset_6898_20131113

 

Sunset_6900_20131113

 

Sunset_6913_20131113

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

ハマアザミ

浜薊    キク科

Hamaazami_6841_20131113

Hamaazami_6828_20131113

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

アゼトウナ三昧・・・III

同じ花を三日も続けて紹介すると、いい加減くどいと言われそうですが、今日は「アゼトウナ」のたくましさ、しぶとさをご紹介したいと思います・・・
こんな厳しい環境の中で、何食わぬ顔で咲いている「アゼトウナ」は、エライッと思ってしまいます。

Azetouna_6855_20131113

おそらく高さは20M以上はあるのではないかと思われる、崖の上に根を降ろしたアゼトウナ。
下の岩場に打ち寄せる波が砕け散り、白いしぶきなる様は壮観でした。

Azetouna_6845_20131113

落ちたら間違いなく海面まで直行するであろうと思われる 急な崖。こんなところにもしぶとく咲いている。

Azetouna_6846_20131113

 

Azetouna_6836_20131113

この崖の先は高さ30Mは有ろうかと言う断崖絶壁、落ちたら間違いなく死ねるな、などと思いながら・・・

Azetouna_6844_20131113

こんなところにも・・・
自分で自分の住む場所を選べない植物たちは、種が落ち着いたところが生きる場所、そこで生き延びるしかない。
そこが生きるのに適した場所であるか、とても生きてはいけない厳しい場所であるか、まったくの運次第。
沢山の種の中で、運の良いのはほんの僅かしかいないのだろうね。

椰子の木の上に、たまたま落ち着くことになってしまった「アゼトウナ」、他のものとはちょっと違うところに舞い降りてしまったが、あながち悪い場所ではなかったようだ。
よく見るとツワブキと思える葉もありますね。

こうして見てくると、「アゼトウナ」はとても強い植物のように思ってしまうが、本当は逆ではないのかな?とも思う。
もっと栄養に恵まれ、もっと生きやすい環境は他にもあるのだろうに、あえてこういう厳しい環境を選んだのは、他の生きやすいと思われる環境の中では、他の植物たちとの生存競争に勝つことが出来ないためではなかろうか。
他の植物たちが生きてはいけないような、厳しい環境を生きる場所として選ばざるをなかった、考えようによってはとても弱い種ではないかなとも思う。

人間社会でも、日のあたらない場所で懸命に生きている大勢の人が一杯いる。権力を持った人や、金持ちの人はそういう人がいることを忘れないで欲しいと思う・・・これは余分か。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

アゼトウナ三昧・・・II

畔冬菜    キク科

昨日に続いて「アゼトウナ」
今日はちょっと近づいて、じっくりアゼトウナをご覧下さい。

Azetouna_6783_20131113_2

 

Azetouna_6787_20131113

 

Azetouna_6788_20131113

 

Azetouna_6791_20131113

 

Azetouna_6795_20131113

 

Azetouna_6796_20131113

 

Azetouna_6800_20131113

 

Azetouna_6803_20131113

 

・・・・・明日に続く


 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

アゼトウナ三昧・・・I

畔冬菜    キク科

Azetouna_6804_20131113

秋と言うよりも、初冬と言った方が良い、冷えた一日久しぶりに海岸へ足を運んだ。
お目当ては「アゼトウナ」
アゼトウナは海岸の岩場に咲くキク科の植物。生育場所はかなり限られて、愛知県ではここともう2箇所ほどしかないそうだ。
花の状態は、今まさに盛り、たっぷり一日アゼトウナ三昧をしてしまった。他に花が少なくなったこともあるが、咲いている場所が大変変化に富んでおり、一つの花だけをほぼ一日追いかけたのは久しぶりである。

Azetouna_6808_20131113

こんな感じの、海辺の風をまともに受けて、天候が荒れれば塩にもさらされる、そして養分などほとんど無いような岩の上に咲いている。
いつもながら、なんとたくましい花なのだろうと感心する。

Azetouna_6810_20131113

Azetouna_6811_20131113

Azetouna_6813_20131113

Azetouna_6814_20131113

ここだけ見ていると、高山植物と見間違いそうな。

Azetouna_6818_20131113

アゼトウナ余話
アゼトウナの漢字表記にはいろいろあるようだ。
アゼ:畦、畔
トウナ:唐菜、冬菜
そしてこの二つの単語がいろいろ組み合わされている。
「畦」というと田と田を仕切る「あぜ」がすぐに思い浮かぶ、
しかし海岸のこういう場所は田んぼとはまったく縁がなさそうだ。田んぼのほかに敷居や鴨居の溝と溝の間も「あぜ」と呼ぶようだ。
「畔」この字には海、川、池などの水際と言う意味がある、
自分としては「畔」の字の方がぴったりのように思う。
さて、「トウナ」の方だが、「唐菜」というと外来の植物のように思えるがアゼトウナはどうなんだろう?
個人的には、冬に咲くから「冬菜」がしっくり来る。
そこで、「畔冬菜」と、表記した。


・・・・・明日に続く

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

秋の色 IV

Koyo_6780_20131113

 

Kaede_6657_20131106

 

Kaede_6663_20131106

 

Kaede_6665_20131106

 

Koyo_6680_20131106

 

Koyo_6681_20131106

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

アキノキリンソウ

秋の麒麟草    キク科

Akinokirinsou_6774_20131109

とてもよい状態のアキノキリンソウに出会えた。

Akinokirinsou_6758_20131109

 

Akinokirinsou_6764_20131109

 

Akinokirinsou_6767_20131109

 

Akinokirinsou_6769_20131109

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

ヤマハッカ

山薄荷    シソ科

Yamahakka_6706_20131109

往く秋を引きとめようかとするように、沢山のヤマハッカが咲いていた。
この花は、花よりもどちらかと言うと下の画像のような、花後の姿に風情を感じる。

Yamahakka_6762_20131109

 

Yamahakka_6707_20131109

 

Yamahakka_6702_20131109_2

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

ヤマラッキョウ

山辣韮    ユリ科

Yamarakkyou_6755_20131109

撮影していてもネギの臭いが漂ってくる、ネギやラッキョウの仲間と言うことを実感する。
臭いは今ひとつ好きにはなれないけれど、花は結構可愛い。
ヤマラッキョウも今が盛りと、そこら中で咲いていた。

Yamarakkyou_6695_20131109

 

Yamarakkyou_6700_20131109

 

Yamarakkyou_6749_20131109

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

秋の色 III

Kaede_6662_20131106

今年は冷え込みが今ひとつピリッとしなくて、
紅葉も今ひとつのようだ。
例年だとこの場所ではすでに紅葉が終わって
いると思われるのだが、今年はまだ盛りとならず。
  

Mamusigusa_6656_20131106

 

Murasakisikibu_6674_20131106

 

Murasakisikibu_6677_20131106

 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

ツリガネニンジン

釣鐘人参    キキョウ科

Turiganeninjin_6739_20131109

本当は聴こえるはずが無いのだけれど、「チリン、チリン」とツリガネニンジンの鳴らす音が、やかましいほど聴こえてきそうな錯覚を起こしそうに、沢山のツリガネニンジンが咲いていた。
今年はこの花を夏の間から、あちこちで見ていたのですっかり季節感が狂わせられていたが、ここでは今が盛りなのだ。

Turiganeninjin_6776_20131109

 

Turiganeninjin_6742_20131109

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

秋の色 II

Megi_6652_20131106

(↑)メギ(目木) メギ科
別名コトリトマラズ、確かにこの棘を見たら小鳥も溜まりたくなくなるでしょう。
でも、この実を食べて種を運んでくれるのは誰なんだろうね。
 

Nogiku_6653_20131106

 

Mamusigusa_6655_20131106

(↑)マムシグサの実
もいで食べたらどんな味がするのか?
名前と色から、やっぱり見るだけにしよう。
  

Murasakisikibu_6667_20131106

(↑)ムラサキシキブの実
バックは紅葉した楓
 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

ムラサキセンブリ

紫千振    リンドウ科

Murasakisenburi_6726_20131109

先日紹介しましたムラサキセンブリの咲く山とは別の山が、この地にはもう一つある。訪ねてみたくてもなかなか時間を作れず、もう時機を失してしまうのではないかと、気が気ではなかった。
無理やり機会を作りやっと訪ねることが出来た。
今まさにムラサキセンブリの花盛り、あちらにもこちらにも紫の星たちが咲き競っていた。
あちらから、こちらから「ねぇねぇ、撮ってよ」とばかりに声が聞こえてくるような気がする。
午前の早い時間、訪れる人は誰一人無く、ムラサキゼンブリのお山を独り占め。
至福のひと時でした。

Murasakisenburi_6711_20131109

 

Murasakisenburi_6717_20131109

 

Murasakisenburi_6719_20131109

 

Murasakisenburi_6724_20131109

 

Murasakisenburi_6730_20131109

撮って、撮ってのおねだりの声に、ついつい、いつになく枚数が多くなってしまった。

Murasakisenburi_6735_20131109

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

サクラタデ

桜蓼    タデ科

Sakuratade_6605_20131030

毎年楽しみにしていたこの場所のサクラタデは、この夏草刈で全て刈り取られてしまったと聞いていた。
今年はもう見られないかと思っていたら、草刈なんかに負けないぞとばかりに見事に咲いていた。
ちょっと嬉しく、また植物の強靭な生命力に感心させられた。

Sakuratade_6600_20131030

 

Sakuratade_6602_20131030

 

Sakuratade_6603_20131030

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

PHOTO GALLERY

ガーデン誌で人気の雑誌「マイガーデン]や「趣味の園芸」其の他多数の雑誌・書籍に掲載の写真を撮っておられる、写真家「福岡将之」様の写真講座の受講生の方たちの作品集に、私の写真も掲載していただきました。お時間のございます方は是非ご覧いただければ、嬉しいです。
花、植物に限らずいろいろなジャンルの写真が掲載されているので、とても参考になると思います。
福岡将之さんが発行されている「無料メルマガ」は、大変価値のあるメルマガだと思います、是非購読されてみてはいかがですか。

福岡将之写真講座・受講生の作品集
http://pic-p.com/jukosei/

福岡将之さんのホームページ
http://laf-p.com/

福岡将之さんのプロフィールのページ
http://profile.ameba.jp/piccolophoto/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

センブリとイヌセンブリ

千振 ・ 犬千振    リンドウ科

Senburi_6587_20131030

センブリ(上の画像)に比べてイヌセンブリ(下の画像)は全体にがっしりした感じを受ける。イヌセンブリは絶滅危惧種II類に指定されている(愛知県では準絶滅危惧種)

Inusenburi_6598_20131030

 

Inusenburi_6584_20131030

 

Inusenburi_6594_20131030

 

Inusenburi_6595_20131030

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

ムラサキセンブリ

紫千振    リンドウ科

Murasakisenburi_6622_20131030

数が大変少なくなり絶滅危惧種に指定されているムラサキセンブリ。幸い私の住む地域ではまだまだ健在の場所があり、秋の楽しみの一つになっている。
そのムラサキセンブリが咲き始めた、ここしばらくは薄紫の花が目を楽しませてくれるだろう。

Murasakisenburi_6613_20131030

 

Murasakisenburi_6617_20131030

 

Murasakisenburi_6620_20131030

Murasakisenburi_6626_20131030

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

秋の色

Kareha_6624_20131030

久しぶりの秋晴れの休日。
気持ちの良い山歩きを楽しんだ。
野や山が、だんだん枯れ草色に変わる中、精一杯生きた証とばかりに、燃え尽きようとする植物たちの色が美しい。

Kareha_6628_20131030

 

Kareha_6588_20131030

 

Kouyabouki_6611_20131030

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

秋の野菊

秋は野菊の季節、幾種類かのキク科の花たちが野辺を彩る。
派手さは無いが見ていてとても心が落ち着く。
本当は一つ一つ、何々菊と名前で呼びたいところだが、哀しいかなさっぱり区別が付かない。仕方がないので、これなら間違いはないだろうとばかりに、「野菊」とひっくるめて呼んでしまった。
安易な手抜きですね~ (^^ゞ
仕方がないから教えてやろう、という親切なお方の現れるのを待っています。

Nogiku_6599_20131030

 

Yanaginogiku_6631_20131030
これはヤナギノギクと分かる。

 

Nogiku_6579_20131030

 

Nogiku_6540_20131023

 

Yamajinogiku_6472_20131016

 

Himejyoon_6474_20131016
ヒメジョオン

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

リンドウ

竜胆    リンドウ科

Rindou_6647_20131030

秋の野に紫色の星たちが瞬き始めた。
この花を見て「和服の女性のようだ」と、表現された方の言葉を思い出す。確かに今どきのミニスカートの元気溌剌の女の子には無い、凛とした佇まいと、しとやかな色香を感じさせる。

そして、なにかしらもの悲しい・・・

Rindou_6641_20131030

 

Rindou_6644_20131030

 

Rindou_6651_20131030

 

Rindou_6645_20131030

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »