« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

露草と言う字がぴったりのツユクサ

露草    ツユクサ科

Tuyukusa_6544_20131023

少し前から降り出した雨、その雨の滴を身にまとい、ツユクサが気持ち良さそうに咲いていた。
やっぱりツユクサには露がお似合いだ。

Tuyukusa_6542_20131023

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

キッコウハグマ

亀甲白熊    キク科

Kikkouhaguma_6525_20131023

この場所のキッコウハグマは、草丈が10Cmに満たないような小さなものが多い、花の大きさも1Cm有るか無いかの、よくよく目を凝らして探さないと見逃してしまいそう。
ちょっと先がカールした白い花弁が大変清楚な感じのする花です。

Kikkouhaguma_6530_20131023

 

Kikkouhaguma_6531_20131023

 

Kikkouhaguma_6533_20131023

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

センブリ

千振    リンドウ科

Senburi_6518_20131023

草の丈が数センチの小さな小さなセンブリを見つけた。
こんなに小さいのに立派に花を付けて・・・
小さくてもセンブリは、センブリ、その姿は凛とした雰囲気に包まれていた。
おそらく苦さも普通の丈のものにひけをとらないのだろう、
と言ってもセンブリの苦さを味わったことは無いが・・・

Senburi_6535_20131023

ここには、この2枚の画像のもの以外にもたくさんのセンブリが咲いていた、後で撮ろうと目星はつけておいたものの、雨が降り出してしまい、撮影できたのはこの2枚。
今シーズンはこの2枚が見納めになってしまうかもしれないと思うと、少々残念な気がする。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

ウチワダイモンジソウ

団扇大文字草    ユキノシタ科

Utiwadaimonji_6502_20131023

ウチワダイモンジソウの葉は3~7裂し、ダイモンジソウは葉が5~10裂という違いがあるそうだ。
少し時期が遅いかなと心配しながら訪ねたが、ちょうど良い時期のようだった。
大水の時には完全に水没してしまうだろうと思われる環境に咲いている。花から受ける優しい印象とは違い、とても強靭な植物のようだ。

Utiwadaimonji_6507_20131023

 

Utiwadaimonji_6511_20131023

 

Utiwadaimonji_6520_20131023

 

Utiwadaimonji_6521_20131023

 

Utiwadaimonji_6524_20131023

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

ヤナギノギク

柳野菊    キク科

Yanaginogiku_6479_20131016

 

Yanaginogiku_6483c_20131016

 

Yanaginogiku_6485c_20131016

 

Yanaginogiku_6487_20131016

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

草叢の宝物

足元に広がる草叢、何の特徴もないごくごく普通の草叢。
そんな草叢の中にも、ちょっと視線を変えただけで素晴らしい宝物が隠れているのを発見することがある。
地面すれすれにカメラを構え、ゆっくりとフォーカス・リングをまわしていると、突然光り輝く宝物がファインダーに浮かび上がってくることがある、
そんなときにはとっても、儲けものをしたような、幸せな気分になってくる。・・・
興味の無い人には、所詮なんでもない雑草の一つとしか映らないだろうけれど・・・

Kusamuranotakara_6496_20131016

昨日掲載した画像が、実際見たときのイメージとどうも違う、もっと明るく、柔らかく輝いていたはずなのだが・・・そこで少し画像に手を加えてみた、多少柔らかくはなったような気がするが、 それでもまだ表現したいイメージとは違うなぁ。

Kusamuranotakara_6496c_20131016  

 

Kusamuranotakara_6493_20131016

Kusamuranotakara_6493c_20131016  

 

Kusamuranotakara_6499_20131016

Kusamuranotakara_6499c_20131016

 

Kusamuranotakara_6489_20131016

Kusamuranotakara_6489c_20131016  

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

ホトトギス

杜鵑草    ユリ科

Hototogisu_6449_10131009

いやぁ、素晴らしい場所に案内していただきました。
Aさん、ありがとう!!
今年はヤマホトトギス、ヤマジノホトトギスはあまり良い状態ではないようだが、ここのホトトギスは素晴らしい。
雨上がりで、しっとり落ち着いた表情のホトトギス、そのしっとり感が表現できたかどうか??

Hototogisu_6442_10131009

 

Hototogisu_6445_10131009

 

Hototogisu_6447_10131009

 

Hototogisu_6455_10131009

 

Hototogisu_6456_10131009

 

Hototogisu_6466_10131009

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

ダイモンジソウ

大文字草    ユキノシタ科

Daimonjisou_6437_10131009

先般の台風18号の大雨の出水により、河原が洗い流されてダイモンジソウもほとんど流されてしまったと、聞いていた。
この3年ほど毎年訪れている川を覗くと、岩が妙に白っぽく、川岸の草も皆下流に向けてなぎ倒されたままになっている。かろうじて生き残ったダイモンジソウも、訪れるのやや遅く、ほとんどオシベの葯が落ちているものばかり。篠降る雨の中、何とか状態の良いものを探して、やっと見つけたのがこれらの花たちです。

しかし、よほどの大水だと思われる状態の中、こうして生き残っている植物の生命力のしたたかさに、改めて敬服しました。

Daimonjisou_6426_10131009

 

Daimonjisou_6428_10131009

 

Daimonjisou_6432_10131009

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

デジタル・フォト・ブック・・・風のささやき

Kazenosasayaki

この2年ほどで撮りためてきたお気に入りの画像をまとめて、デジタル・フォト・ブック・・・風のささやき を作りました。
是非ご覧いただきたく、ご案内させていただきます。

      風のささやき  (←クリックしてご覧下さい)

ご覧頂いた感想やご意見をいただけると、とても嬉しいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

イタドリ

虎杖    タデ科

Itadori_6389_20131002

どちらもイタドリの花。
雄花と雌花の違いのようだが、どちらが雄花でどちらが雌花なのか分からない。
下の画像のような花には、上向きに咲くものと下向きに咲くものがあるようだが、その違いも良く分からない。
ご存知の方、どなたか教えてください。

Itadori_6383_20131002

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

コニシキソウ

小錦草    トウダイグサ科

Konisikisou_6367_20131002

もう随分前「小錦」という四股名の相撲取りがいました、ついそのイメージが頭に浮かんでしまいますが、重量級の関取とは大違いで、よほど気をつけてみないと見逃してしまいそうな、とっても小さな花です。
小さな花や小さな実がとても可愛い。

Konisikisou_6369_20131002

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

イヌコウジュ

犬香需    シソ科

Inukoujyu_6364_20131002

Inukoujyu_6366_20131002

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

シモバシラ

霜柱    シソ科

Simobasira_6384_20131002

シモバシラという名前の花です。
その謂れは、一番下に。

Simobasira_6373_20131002

 

Simobasira_6387_20131002

 

Simobasira_9509

うんと冷え込んで、風の無い冬の朝、枯れたシモバシラの茎が吸い上げた水分が凍ってこのような氷柱になる。
まるで綿菓子のような雰囲気だが、ちょっと触っただけでも、もろくも崩れ去るはかない命でもある。
一つ一つ 表情が違い撮影していても飽きることが無いが、じんじんと冷えてくる寒さには、閉口する。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

ツユクサ

露草    ツユクサ科

Tuyukusa_6361_20131002

太陽はもうだいぶ高くなっていたが、日陰で見つけた露草。まだ朝露をまとい、とてもいい雰囲気だった。
これはいただかなくてはと思い。
カメラの準備をして、(気持ちを集中する為に)一服し、さぁ撮るぞとツユクサの元へ戻ると、あ~ぁ、もう日が差し込んで、露も消えてしまっていた。 グスッ
チャンスはそのときだけ・・・しみじみと噛みしめるのでした。

Tuyukusa_6354_20131002

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

キツネノマゴ

狐の孫    キツネノマゴ科

Kitunenomago_6358_20131002

Kitunenomago_6359_20131002

 

Kitunenomago_6360_20131002

 

Kitunenomago_6377_20131002

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

エンシュウハグマ

遠州白熊    キク科

Enshuhaguma_6420_20131002

もうそろそろかなと思い、エンシュウハグマの咲く山へ・・・少し早すぎたのか、期待ほどには咲いていなかったが、1年ぶりにピンクのカールが可愛いエンシュウハグマに出会うことが出来た。

Enshuhaguma_6408_20131002

 

Enshuhaguma_6417_20131002

 

Enshuhaguma_6422_20131002

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

ナンテンハギ

南天萩    マメ科

Turumame_6351_20130925

ツルマメとしましたが、間違っているかもしれません、間違っていましたら、ご指摘いただけると嬉しいです。

やっぱり間違っていました、ナンテンハギと教えていただきました。C-NAさん、ありがとうございます。

Turumame_6330_20130925

 

Turumame_6328_20130925

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »