« マツムシソウ | トップページ | ヤマジノホトトギス »

2013年9月 9日 (月)

アキノウナギツカミではなくてタニソバ

谷蕎麦    タデ科

Mizosoba_6153_20130828

茎のトゲが感じられなかったので、ミゾソバかと思ったが、葉の形と付き方の様子がどうも違う。落ち着いたところは、葉の基部が茎を抱いていることを手がかりに、アキノウナギツカミではないだろうかと思うが、自信が無い。
間違っておりましたらご指摘いただけると嬉しいです。

ウナギツカミという名前からイメージすると、水辺に咲いていそうな感じだが、どう見てもウナギは居そうもない1500mほどの山の上に咲いていたアキノウナギツカミ・・・
葉も茎も紅葉したかのように綺麗な赤色をしていた。

※やはり間違っていたようです、タニソバの特徴のほうがより合致するようですので、タニソバに訂正しました。
そもそも、1500mにもなるとウナギはいないそうです・・・アキノウナギツカミはもっと標高の低いところを住処としているそうです。

Mizosoba_6155_20130828

 

Mizosoba_6154_20130828

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« マツムシソウ | トップページ | ヤマジノホトトギス »

秋の花」カテゴリの記事

花名 た行」カテゴリの記事

コメント

この花、私も1,500mの山で撮りました。
葉の形状からアキノウナギツカミとしたのですが、同じ疑問を抱きました。
やはり、どの写真を見ても茎にトゲがないのです。
そこで考えたのが、タニソバなのですが。

とにかくこの仲間、同定が特に難しいです。
野草に詳しい方が、(よくブログで誤りを訂正してくれるのですが)
迷ったら、四方八方から写真を撮ってくることと、指導を受けています。
それがなかなか撮れないのですが。
名称がわかったら教えてください。

投稿: やまぼうし | 2013年9月 9日 (月) 19時46分

やまぼうしさん、ありがとうございます。
タニソバの特徴
「茎はよく分枝し、無毛で、赤味を帯びることがある。
葉は長さ1~9㎝、幅0.5~3㎝の卵形で、先が細く尖り、
基部は楔形で茎を抱く。下部の葉には広い翼のある葉柄
がある。」という説明がほぼ合いますので、これは
タニソバのようですね。
画像を細部まで確認しましたが、翼のある葉柄と思われる
部分もありました。
今から考えれば、もっといろいろな角度から撮っておけば
良かったと思うのですが、撮る時は別の草と早とちりで
思い込みがあるので、難しいですね。後悔先に立たずです。
しかし、やまぼうしさんも(も、ですよ、も)変なものが
好きですね! へへへ

投稿: イナ | 2013年9月 9日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/53105301

この記事へのトラックバック一覧です: アキノウナギツカミではなくてタニソバ:

« マツムシソウ | トップページ | ヤマジノホトトギス »