« 信州花街道・・・5 | トップページ | コマツナギ »

2013年8月 1日 (木)

サオトメバナ

早乙女花    アカネ科

Hekusokazura_5751_20130724

サオトメバナ
ヤイトバナ
ヘクソカズラ
みんなこの花の名前です。あなたならどう呼ぶ?

サオトメバナ・早乙女花(花の姿が早乙女笠に似る・・・でも早乙女笠って見たことが無い)
ヤイトバナ・灸花(花の中心部の小豆色が、お灸をすえた跡に似ていることから・・・いまや”お灸”?なにそれって言われるかも )
ヘクソカズラ・屁糞蔓(これが正式名称・・・強烈な名前です、葉や茎に悪臭があることから ・・・臭いをかいだことはなけれど)
いろいろな名前で呼ばれているが、それだけ個性豊かということかな。
でも花にしてみれば、そんなのは人間が勝手に呼ぶだけで、私たちにとっては何の関係もないこと、というだろうね。
 

Hekusokazura_5753_20130724

 

Hekusokazura_5754_20130724

 

Hekusokazura_5771_20130724

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 信州花街道・・・5 | トップページ | コマツナギ »

夏の花」カテゴリの記事

花名 さ行」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
見たことある花だけど、早乙女花という名前とは結びつきませんでした。
実はヘクソカズラのことだったのですね。
ひとつの植物でもいろんな呼び名があり、
その時の感じ方で様々につけられた勝手な名前がある。
植物にとっては迷惑なことかもしれませんが、
その由来を知るのはおもしろいですね。

投稿: tama | 2013年8月 1日 (木) 23時56分

tamaさん、おはようございます。
植物の名前はいろいろありますね、
学名、和名、通称etc
同じ植物でも地域地域によって呼び名が
違う場合も有るでしょうし。
その名の謂れを調べてみると、なるほどなと
感心させられることも良くありますね。
古い時代から生き続けている名前の方が、
なんとなく、温かみがあり、的確にその植物
の特徴を言い表しているような気もします。
でも、植物学の専門家でない私などは、
なんでこんなに細かく区別するの?
なんていうことも良くあります。

投稿: イナ | 2013年8月 2日 (金) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/52603314

この記事へのトラックバック一覧です: サオトメバナ:

« 信州花街道・・・5 | トップページ | コマツナギ »