« ネムノキ | トップページ | 湿原の植物 »

2013年7月 6日 (土)

ハンゲショウ

半夏生    ドクダミ科

Hangeshou_5586_20130703

和名の由来は、夏至から11日目を半夏至といい、その頃、花が咲くからという。花の頃、上部の葉が白くなり、半化粧ともいわれる。


今年の夏至は6月21日、撮影した日は7月3日、夏至から数えて12日目。
なるほど納得の名前である、いつ頃付けられた名前か知らぬが、鋭い観察力だ。
・・・と、単純に感心してしまったが、ちょっと待てよ!?
ここで言っている夏至とか半夏至というのは多分旧暦の話、現在の新暦とはどういう関係になるのだろう?
まぁ難しい話は措いておいて、単純に感心しておこう。

Hangeshou_5587_20130703

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« ネムノキ | トップページ | 湿原の植物 »

夏の花」カテゴリの記事

花名 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/52310662

この記事へのトラックバック一覧です: ハンゲショウ:

« ネムノキ | トップページ | 湿原の植物 »