« キキョウソウ | トップページ | ユキノシタ »

2013年6月16日 (日)

ミズギク

水菊    キク科

Mizugiku_5360_20130612

山と山に囲まれた谷に沿うようにその田んぼは続いていた。
直線的に伸びる田の畦が多くなったこのごろ、こういう風景に出会うと何故かほっとする。
決して効率的とはいえないだろうが、自然の地形をそのまま受け入れ、自然に沿って作られた田の形には、先人たちの汗と苦労が込められているような気がする。自然と共存し息長く続くのはこういう田んぼではないだろうか。
その田んぼの土手に沿ってミズギクの花が黄色い帯のように広がっていた。
ミズギクのほかに、ノアザミ、ヒメジョオン・・・それぞれの花たちが、それぞれの場所で精一杯生きている姿も気持ちが良い。

Mizugiku_5353_20130612

 

Mizugiku_5358c_20130612

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« キキョウソウ | トップページ | ユキノシタ »

夏の花」カテゴリの記事

花名 ま行」カテゴリの記事

コメント

こういう見通しの効かないあぜ道、小さい頃にはよく歩きました。
芹を摘んだり、ドジョウを取ったり、無邪気でしたね。
こんな光景を目にすると、心が落ち着きます。
きっと、いろいろな花が咲いていたのでしょうね。

あの頃に帰りたい、カメラを持って。

投稿: やまぼうし | 2013年6月16日 (日) 20時52分

やまぼうしさん、こんばんは。
あの角を曲がったら、どんな景色が広がって
いるのだろう? なんて思える道が良いですね。
ずぅーと先まで見通せてしまう道は、なんだか
つまらなく思えます。ちょっと人生のような気
もしますね。

>あの頃に帰りたい、カメラを持って。
同感です。

投稿: イナ | 2013年6月16日 (日) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/52024475

この記事へのトラックバック一覧です: ミズギク:

« キキョウソウ | トップページ | ユキノシタ »