« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

スポットライトを浴びて

キンラン    金蘭    ラン科

Kinran_4635_20130429

少し動くと汗ばむような季節になってきて
これからラン科の花も続々登場することだろう。 
今シーズン、ラン科の花のトップをきって登場は
このキンラン、いつのまにか季節は春から初夏
へと言う感じになってきた。
しかし、余りにスポットライトを浴びすぎて、色が
飛んでしまった。「黄色の花は苦手だぁ~」と言っ
ていたお人の気持ちが良く分かる(^^ゞ
 
 Kinran_4640_20130429

自然歩道からちょっと入ったところに咲いていた
キンラン。ほとんど人目につかないところで良か
ったね、でなければとっくの昔に、野草ハンター
の餌食になってしまっていたことだろう。 

Kinran_4642_20130429

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

キュウリグサ

胡瓜草    ムラサキ科

Kyuurigusa_4621_20130429

 

Kyuurigusa_4620_20130429

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

チョウジソウ

丁子草    キョウチクトウ科

Tyoujisou_4602_20130426

今週は活動予定日が雨にたたられ、撮り貯めた
ネタも尽きてしまった・・・あ~ぁ
庭に咲き出したチョウジソウを撮ってみたが、以外に
清楚な花だ。 

Tyoujisou_4603_20130426

 

Tyoujisou_4605_20130426

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

スミレ

菫    スミレ科

Sumire_4525_20130417

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

オドリコソウ

踊子草    シソ科

Odorikosou_4531_20130417

 

Odorikosou_4533_20130417

 

Odorikosou_4536_20130417

 

Odorikosou_4539_20130417

ぐるっと輪になって、何を踊っているのかな? 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

ホウチャクソウ

宝鐸草    ユリ科

Houtyakusou_4530_20130417_2

 

Houtyakusou_4527_20130417_2

↑↓このホウチャクソウ(ホウチャクソウだと思うのだが)は、
今まで見てきたホウチャクソウと、ちょっと様子が違う。
花弁がこんなに細かく分かれて何枚もあり、しかも開いている
状態のものは、初めて見た。
ひょっとしてホウチャクソウではないのかも??

この画像のものもホウチャクソウに間違いはないそうです。
ホウチャクソウには割と良くあることらしい。
オシベが花弁のように変化したものらしく、八重のホウチャク
ソウと呼ばれているそうです。
(今回は中まで覗いて見なかったけれど、今度機会があったら
しっかり蕊の様子も見てみよう)
考えてみれば、人間も様々な容姿、性格があるように、植物
でも様々に変化したものがあっても、不思議ではないですね。 

Houtyakusou_4528_20130417_2

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

タチイヌノフグリ

立犬の陰嚢    ゴマノハグサ科

Tatiinunohuguri_4517_20130417

花の大きさが3mm程度の小さな花だった、
一度目を離すと見失いそうで・・・ 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

ヒメハギ

姫萩    ヒメハギ科

Himehagi_4516_20130417

まだ枯れ草色の目立つ芝の中になにやら紫色のものが、
良く見ると草丈3cmばかりの小さな小さな、名前のイメージ
ぴったりのヒメハギだった。
花びらのように見えるのはガク。 

Himehagi_4515_20130417

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

ヤマイワカガミ

山岩鏡    イワウメ科

Yamaiwakagami_4544_20130417

 

Yamaiwakagami_4549_20130417

 

Yamaiwakagami_4553_20130417

 

Yamaiwakagami_4556_20130417

 

Yamaiwakagami_4541_20130417

 

Yamaiwakagami_4542_20130417

 

Yamaiwakagami_4543_20130417

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

ニッコウネコノメ

日光猫の目    ユキノシタ科

Nikkounekonome_4508_20130410

今年はネコノメソウの仲間の花との
巡り合わせがどうも良くない、今まで
見たほとんどの種類の花も、ピークを
やや過ぎてしまっていて綺麗な葯がついた
花にお目にかかれないでいる。
このニッコウネコノメもそのうちの一つ。
  

Nikkounekonome_4503_20130410

 

Nikkounekonome_4504_20130410

 

Nikkounekonome_4512_20130410

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

トウゴクサバノオ

東国鯖の尾    キンポウゲ科

Tougokusabanoo_4501_20130410

花は人間の都合に合わせて咲くわけではない、
と、頭では分かっていても、どうしても気難しい
花だなぁと思ってしまう代表格がこのトウゴクサ
バノオではないだろうか。なかなかパッチリ開い
た状態のときに巡り逢えないでいる。
この日も途中のポイントをパスして来たのだけ
れど4時過ぎと言うこともあり、そろそろ眠りに
就こうとほとんどの花が閉じかけてしまっていた。
眠り際にお騒がせして、サバノオさん申し訳ない。
 

Tougokusabanoo_4498_20130410

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

ミズバショウ

水芭蕉    サトイモ科

Mizubashou_4467_20130410

森の奥の小さな湿地に、春を告げるミズバショウ
が、ほんの数株。
ミズバショウの有名地の大群生も見ごたえがあるが、
人知れずそっと咲くこういうミズバショウも好きだ。
春が来てよかったね・・・と言う気分になってくる。 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

バイカオウレンII

梅花黄蓮    キンポウゲ科

Baikaouren_4457_20130410

まだ、ほとんどの草木が芽吹く前の静かに眠った
枯れ葉色の中で、バイカオウレンの汚れを知らない
「白」が一際目を惹く。
もう少しすれば、この森も一面緑の絨毯がひかれ
植物たちの活気に満ち溢れることだろう。

ここでは例年この時期には、ヤブレガサ、タイミンガサ、
コチャルメルなども見られるのだが、今年はまだ、
彼らひょうきん者の姿が見つからない、植物の種類に
よって季節の感じ方が違うのだろうか? 

Baikaouren_4465_20130410

 

Baikaouren_4472_20130410_2

 

Baikaouren_4477_20130410

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

山にも春が来た

梅花黄蓮    キンポウゲ科

Baikaouren_4455_20130410

この森では、一番早く咲き出すバイカオウレン。
ここ2、3年4月20日前後の開花なので、まだ早い
かなと思いつつ訪ねてみたら、林床にはすでに
白く小さな妖精がにあちらこちらで咲き競っていた。
清純そのものと言える白い花に今年も出会えてよかった。

Baikaouren_4490_20130410

 

Baikaouren_4492_20130410

 

Baikaouren_4478_20130410

 

Baikaouren_4480_20130410

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

ミツバアケビ

三葉通草、三葉木通    アケビ科

Mitubaakebi_4443_20130405

これも今年は見逃してしまったかと思っていたが、
危うくセーフの「花一輪」見られてよかった。 

Mitubaakebi_4442_20130405

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

ヒトリシズカ

一人静    センリョウ科

Hitorisizuka_4417_20130405

余りにも一度にいろいろな花が咲き出して
今年は見る機会を失してしまったと思っていた
ヒトリシズカに出会うことが出来た。
やや盛りを過ぎてしまった感はあるが、
出会えたことに感謝。
(撮影は4月5日) 

Hitorisizuka_4419_20130405

 

Hitorisizuka_4421_20130405

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

ハシリドコロ

走野老    ナス科

Hasiridokoro_4347_20130403

有毒で山菜と誤って口にすると、中毒を起こし
「走りまわって苦しむのでつけられた」という、
怖ろしい!!!
一度実物を目にすれば、先ず間違いを起こす
ことはなさそうだ。
 

Hasiridokoro_4350_20130403

 

Hasiridokoro_4353_20130403

静かなる森の植物たちシリーズは
これでおしまいです。
他にもまだまだいろいろな花たちに
出会うことが出来ましたが、又別の
機会にご紹介できればと思います。
このような場所、そしてここに生育
する植物たち、動物たちが人の手に
よって荒らされることなく、いつまでも
元気に暮らせることを願わずにはいられない。
 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

初見の花・ミツバテンナンショウ

三葉天南星    サトイモ科

Mitubatennanshou_4407_20130403

サトイモ科テンナンショウ属の仲間は
かなり数が多く、姿が似ているので、
同定がなかなか難しいようだ。
これは初めて見るミツバテンナンショウ、
名前のとおり葉が3枚なので分かりやすい。
仏炎苞はちょっとエラが張っている感じだ。

 Mitubatennanshou_4408_20130403

 

Mitubatennanshou_4381_20130403

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

ヤマエンゴサク & ミヤマキケマン

山延胡索  深山黄華鬘

Yamaengosaku_4389_20130403

同じ仲間の平地に生えるジロボウエンゴサクは
やんちゃ坊主と言う趣だが、ヤマエンゴサクは
しとやかなお嬢様と言う雰囲気だろうか。
これはひょっとすると、ヤマエンゴサクの変種
のヒメエンゴサクかもしれない。
どこと無く遠慮がちでヤマエンゴサクよりもさらに
おとなしそうに見える。
  

Yamaengosaku_4390_20130403

 

Yamaengosaku_4393_20130403

 

Miyamakikeman_4361_20130403_2

こちらも同じ仲間の、ミヤマキケマン。雨上がり
で葉に付いた滴がとても綺麗だった。
崖のかなり高いところにあったのだが、どうしても
撮りたくて、ずり落ちそうになるのを必死に堪えての
撮影でした。 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

タチネコノメソウ

立猫の目草    ユキノシタ科

Tatinekonomesou_4363_20130403

 

Tatinekonomesou_4366_20130403

 

Tatinekonomesou_4371_20130403

この時期峪筋の湿った場所には、
ネコノメソウの仲間が多い、タチ
ネコノメソウもそのうちの一つ。 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハナネコノメ

花猫の目    ユキノシタ科

Hananekonome_4337_20130403

 

Hananekonome_4358_20130403

ハナネコノメは残念ながら盛りを過ぎて
しまっていた。綺麗な赤色の葯もオレンジ
のもの、黄色になってしまったもの、さら
にはすでに葯が落ちてしまったものなど
・・・この次は盛期の頃にもう一度訪ねて
みたい。

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

初見の花・イワボタン

岩牡丹    ユキノシタ科

Iwabotan_4354_20130403

良く似たネコノメソウ仲間ののヨゴレネコノメは
見たことがあるが、イワボタンは初めて見た。
これを見るとヨゴレネコノメと命名したのも、
ちょっと頷ける。
資料で見ると葉の中心部がもう少し黄色が強い
かと思っていたが、さほどでもなかった。
葯の状態から考えると、おそらく盛りを過ぎていた
為ではないだろうか。
 

Iwabotan_4386_20130403

 

Iwabotan_4388_20130403

 

※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

初見の花・ツルシロカネソウ

蔓白銀草Turusirokanesou_4332_20130403

白銀草とは、なんと素敵な名前を
付けてもらったことか。
この花も初めて見る花です、天候
のせいで、開いている花が無かった
のが残念。次の機会には是非開いた
状態で見てみたい。
↑は、もしかしたらツルシロカネソウ
ではないかも? ちょっと自信なし。
 

Turusirokanesou_4396_20130403

 

Turusirokanesou_4398_20130403

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初見の花・ミツバコンロンソウ

三葉崑崙草     アブラナ科

始めて見る花三葉崑崙草、雨上がりの天気のせいか
それとも時期が少し早かったのか、あいにく開いている
花にはお目にかかれなかった。

Mitubakonronsou_4355_20130403

 

Mitubakonronsou_4356_20130403

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

ニリンソウ

二輪草    キンポウゲ科

Nirinsou_4340_20130403

この日は、昼過ぎまで雨がやむことなく降り続いた。
ようやく上がるのを待ちかねて、同行者一同お目当
ての花に・・・。ニリンソウはあちこちに一杯咲いてい
るのだが、この天候のせいでほとんどの花が閉じて
しまっていた。その中でピンクの横顔がとても綺麗な
一輪を見つけた。
  

Nirinsou_4343_20130403

 

Nirinsou_4344_20130403

ニリンソウに間違いはないと思うのだが、
葉っぱが何か変ですね。ネコノメソウの
仲間かと思うような葉でした。 

Nirinsou_4348_20130403

 

Nirinsou_4349_20130403

 

Nirinsou_4414_20130403

こちらもニリンソウに間違いはないと思うのだが、
花がどこと無くスマート。左下に小さく見えるのは
???ひょっとしてトウゴクサバノオ? 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

静かなる森

Mori_4413_20130403

初めて足を踏み入れたその森は、苔むした岩、
苔むした倒木が横たわり、ゆったりと時間が
流れていた。しかし、林床に目を移すと、春を
迎えて目覚めたばかりの草花が、足の踏み場
もないほどに、あちらにもこちらにも賑やかに
咲き競い、そこにいるだけで、心が落ち着き、
かつ生き物たちの生気に触れて、ふつふつと
幸せな気分が湧いてくる、楽園と呼びたいよう
な空気に包まれていた。

この森に連れてきていただいたAさん、気持ち
のよいときを一緒にすごした同行の皆さん、
そして何よりも、まだまだこういう場所が残って
いた自然の大きさに、感謝の気持ちを捧げたい。
明日からしばらく静かなる森の草花をご覧下さい。 

Mori_4411_20130403

 

Mori_4373_20130403

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

カキドオシ

垣通    シソ科

Kakidoosi_4325_20130327

車を止めた場所の近くの川原の土手に
ホトケノザ、カラスノエンドウ、ヒメオドリ
コソウ、オオイヌノフグリなどが咲いている
のが目に付いた。
そのなかでも、まだ咲き始めたばかりと
思えるカキドオシがひときわ生き生きと
輝いて、春の陽射しを浴びていた。
  

Kakidoosi_4320_20130327

 

Hotokenoza_4319_20130327

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

岩場に咲く

立坪菫    スミレ科

Tatitubosumire_4298_20130327

登山道の傍らの岩の崖にしがみつくように
咲いていたタチツボスミレ、決して良いとは
いえないだろう環境にも、臆することなく健気
に咲いていたスミレからどうしても目が離せ
なかった。
撮っておいきよと、眺め降ろしているようにも
思えた。
  

Tatitubosumire_4301_20130327

 

Tatitubosumire_4296_20130327

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

ヤマネコノメソウ

山猫の目草    ユキノシタ科

Yamanekonomesou_4285_20130327

 

Yamanekonomesou_4272_20130327

 

Yamanekonomesou_4294_20130327

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚れているようには見えないけれど、ヨゴレネコノメ

汚れ猫の目    ユキノシタ科

Yogorenekonome_4237_20130320

 

Yogorenekonome_4238_20130320

これは葉がちょっと汚れているのかも、
この日は黄砂がひどかったから、きっと
そのせいでしょう?
  

Yogorenekonome_4239_20130320

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

ハナネコノメ

花猫の目    ユキノシタ科

Hananekonome_4248_20130327

昨年もこの花を見に少し遠出をして
この地にやって来た、しかし写した画像は
まったくひどい出来映えで、ブログに掲載
するのは憚られるしろもばかり、泣く泣くボツ
とした因縁の花。
今年こそはリベンジと意気込んできたのだが、
あっさり返り討ちにあってしまったようだ・・・(泣)
でも、去年よりは少しましなので恥を忍んで載せてしまおう。
 

Hananekonome_4260_20130327

 

Hananekonome_4263_20130327

 

Hananekonome_4266_20130327

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »