« 山にも春が来た | トップページ | ミズバショウ »

2013年4月16日 (火)

バイカオウレンII

梅花黄蓮    キンポウゲ科

Baikaouren_4457_20130410

まだ、ほとんどの草木が芽吹く前の静かに眠った
枯れ葉色の中で、バイカオウレンの汚れを知らない
「白」が一際目を惹く。
もう少しすれば、この森も一面緑の絨毯がひかれ
植物たちの活気に満ち溢れることだろう。

ここでは例年この時期には、ヤブレガサ、タイミンガサ、
コチャルメルなども見られるのだが、今年はまだ、
彼らひょうきん者の姿が見つからない、植物の種類に
よって季節の感じ方が違うのだろうか? 

Baikaouren_4465_20130410

 

Baikaouren_4472_20130410_2

 

Baikaouren_4477_20130410

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« 山にも春が来た | トップページ | ミズバショウ »

春の花」カテゴリの記事

花名 は行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
バイカオウレンといえば、尾瀬の至仏山を辿る山道を思い出します。
オウレンの仲間はこちらではそう簡単に会える植物ではないので、
どうしても初夏の山登りの印象が強いですね。
バイカオウレンの佇まいが良いですね。臨場感のある素敵な画像だ
と思います。

投稿: 翼 | 2013年4月16日 (火) 15時38分

翼さん、こんばんは。
お褒めのお言葉ありがとうございます、嬉しいですね~。
私はバイカオウレンと言うとこの場所しか知らないので
毎年訪ねています。なんとも言えず可憐な花ですね、何度
見ても、気持ちが洗われます。

投稿: イナ | 2013年4月16日 (火) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/51184900

この記事へのトラックバック一覧です: バイカオウレンII:

« 山にも春が来た | トップページ | ミズバショウ »