« ヒメリュウキンカ | トップページ | は~るの小川は・・・ »

2013年3月14日 (木)

イヌノフグリ

犬の陰嚢    シソ科

Inunohuguri_4037_20130306

 

Inunohuguri_4041_20130306

 

Inunohuguri_4042_20130306

この花ほど、名前が似つかわしくない花は
無いのではなかろうか。
名前から想像するイメージは、どう考えても
あまり良いイメージは湧いてこないような気がする。
お前、変な名前を付けられて損してるなあ、と
声をかけてやりたくなる。

実際の花は、花の大きさがたったの数ミリ、一度
目を離すとどこにあったのか、分からなくなってしまう
くらい、小さな小さな、薄紫の可憐な花である。

この日は風も無く、気温もぐんと上昇し、その小さな
花びらを一杯に広げて、春の日差しを気持ち良さそうに
受けていた。

イヌノフグリは日本古来の在来種である。
近頃は外来種のオオイヌノフグリの勢力に
すっかり負けて、だんだん生息域が狭められて
いるそうで、環境省の絶滅危惧II類に指定されている。 


 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« ヒメリュウキンカ | トップページ | は~るの小川は・・・ »

春の花」カテゴリの記事

花名 あ行」カテゴリの記事

コメント

この場所でイヌノフグリと思い写した花は、オオイヌノフグリでした。
この花は見ていません。今度の土曜日でも、まだ見られるでしょうか。
見られるようでしたら、再チャレンジしてみたいです。時間は?

背景が暗くて、花には陽があたり、そんな条件でよく色とびしていませんね。
私が撮ると、白っぽくなってしまいます。

投稿: やまぼうし | 2013年3月14日 (木) 20時28分

やまぼうしさん こんばんは。
違っていましたか、残念ですね。
とにかく小さいので、そこに有っても
気が付かないということがあるかもしれませんね。
これを撮影したのが、6日11時前後です、
今週の土曜日でしたらまだ大丈夫とは思いますが、
現地を見てみないとなんともいえないですね。
大イヌノフグリなどと同じで、曇っていたり
朝早い時間だと開いていないこともあります。

この時は露出補正-2/3で撮っておりました。
若干白飛びしているようなので、-1程度まで
補正しても良いかもしれません。

見られると良いですね。

投稿: イナ | 2013年3月14日 (木) 22時05分

ありがとうございました。
12時過ぎに現地に着きました。
「絶対にある」と思い、丁寧に探してみました。
最初は、「もう終わってしまったか」と諦めかけましたが、
歩いて探しても見つかりませんね。
腰を下ろしてじっくり見つめたら、小さな花を見つけることができました。
小さな花の代表格ですね。
見つけ始めたら、けっこうな数がありました。
-1から段階露出で、何十枚も撮ってきました。
一つ花を覚えられました。ありがとうございました。

投稿: やまぼうし | 2013年3月16日 (土) 22時34分

やまぼうしさん おはようございます。
少々日にちがたっているので、もう咲いていないかも
しれないのではと、心配していましたが、
見られてよかったですね。
本当に小さいので、一つ見つけるまでが大変ですね、
一つ見つければ、今まで見ていたのがウソのように
結構周りにあったりして、そういうことって
結構経験があります。
見えていても、見えないとはこういうことを言うんでしょうね
アップを楽しみにしています。

投稿: イナ | 2013年3月17日 (日) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/50653255

この記事へのトラックバック一覧です: イヌノフグリ:

« ヒメリュウキンカ | トップページ | は~るの小川は・・・ »