« タチツボスミレ | トップページ | ハナネコノメ »

2013年3月31日 (日)

ただ、ただ、うっとり・・・

雪割一華    キンポウゲ科

Yukiwariitige_4307_20130327

透けて見えるのではないかと思うほどの薄紫、
花弁のように見える顎片の白からほのかな紫
へのグラデーションが素晴らしい。
これほどまでに上品な紫は、おそらくこの花
を措いてないだろう・・・そんな思いで、ただ、
ただうっとり見つめるのみ。
今年もこの花に出会えたことに感謝。

ここは、希少植物として保護、管理されている
場所だが、昔はこういう花が自然に咲いていた
かと思うと、日本の自然の豊かさを思う。
こんな花と自然の中で出会えたら、おそらく
一日中でもずっと見ていたい気持ちになるだろう。
間違いなく日本を代表する花だと自分は思う。
 

Yukiwariitige_4316_20130327

 

Yukiwariitige_4311_20130327

 

Yukiwariitige_4305_20130327

 

Yukiwariitige_4304_20130327

 

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

|

« タチツボスミレ | トップページ | ハナネコノメ »

春の花」カテゴリの記事

花名 やらわ」カテゴリの記事

コメント

美しいですねこの花は。

他に場所も知らないのでここばかり3年ほど通いました。

山の中で人知れず咲いている姿を見てみたいと思うのは贅沢かしら・・・。

最近は当てもなくさまよって偶然の出会いを楽しむことが多くなりました。

どこかでバッタリ会ってみたい花の一つなのですが。

投稿: C-NA | 2013年3月31日 (日) 11時10分

今日は。
先日は余計なことを書いてしまい、失礼しました。
今日の雪割一華はすごくきれいな花ですね。
先日、神代植物公園で菊咲一華を見ましたが、それ以上です。
いつか実物に出会いたいと思います。

投稿: tama | 2013年3月31日 (日) 11時32分

雪割一華、何と言う素敵な花でしょうか。
色合いも良いし、素晴らしい花ですね。
実物を観たくなってしまいました。 

投稿: yasu | 2013年3月31日 (日) 15時00分

C-NAさんも、この場所へ通われたんですね。
私もここしか知りません。
山中でこんな花に出会ってしまったら、
どんなになるでしょうね?体中の力が
抜けて、その場にへたり込んでしまいそうです。
でも、出会ってみたいですね。

投稿: イナ | 2013年3月31日 (日) 17時47分

tamaさん こんにちは。
ユキワリイチゲの薄紫はなんとも言えず
上品で気品すら感じます。
先日のコメントと言うのは、オランダミミナグサ
のことでしょうか?
私も知らないことばかりなので、教えていただいて
感謝しておりますよ。

投稿: イナ | 2013年3月31日 (日) 17時53分

yasuさん こんにちは。
本当に素晴らしい花です。
日本女性の慎ましやかさを
感じさせます。
(最近は違うかなぁ? (*_x)\バキッ)
三重県と滋賀県の県境に近いとある
神社の境内に保護されています。
他にもあると思うのですが、私は
知りませんので、去年から2度訪問
しました。
見られる機会があるといいですね。

投稿: イナ | 2013年3月31日 (日) 17時58分

背景の色で花のイメージも大分変わりますね。
まるで和菓子のように繊細な花びらの重なり、
中心から外に向かって変わりゆく色合い、
毎年この時期何人かが紹介されますが、
群生しているのも圧巻ですが、
1本2本のものは、じっくり花が見られる分いいですね。
「日本女性の慎ましやかさ」ですか、繊細な花です。
ずっと訪れたいと思っていましたが、来年は行ってみたいと思います。

投稿: やまぼうし | 2013年3月31日 (日) 19時55分

やまぼうしさん こんばんは。
もう熱は下がりましたか?
あちらこちらと飛び回って、ちょっと
無理のし過ぎと違いますか!

ユキワリイチゲのムラサキは本当に微妙な
色合いで、引き込まれてしまいそうです。
群生している花にはどうも圧倒されてしまい、
どうとって良いのか分らなくなってしまいます。
それに、一輪一輪の個性を大事にしたいから、
どうしてもアップ気味の写真が多くなります。
(言い訳・・・)
来年は是非行かれて下さい・・・できればご一緒に
いかがでしょう。

投稿: イナ | 2013年3月31日 (日) 21時41分

おはようございます、やはり雨に降られましてユキワリイチゲは断念しました
良い色が出ていますユキワリイチゲをここで見させて貰い今年は由とします
この色が出しにくて遠路2度も通われた方も居られるからイナさんは流石です!

追伸   鬼のいぬまの。。。でしたね、お互いに!! 
   また今日から鬼さん(笑)にお世話にならなければなりませhappy02

投稿: 松っあん | 2013年4月 1日 (月) 08時14分

松っあん、おはようございます。
こちらでも一時ひどい降りでしたからね、
ユキワリイチゲは残念でした。
薄紫は確かに難しい色ですね、
まだまだ不完全な発色ですが、
実物は本当に痺れます。
「鬼のいぬま・・・」
??、んん?あっそうか・・・
そんなこと言って良いのかな・・・

投稿: イナ | 2013年4月 1日 (月) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/51004776

この記事へのトラックバック一覧です: ただ、ただ、うっとり・・・:

« タチツボスミレ | トップページ | ハナネコノメ »