« 水玉の世界 | トップページ | セツブンソウ・・・II »

2013年1月30日 (水)

ツルウメモドキ

種子といってもほとんどの実はすでに
小鳥たちについばまれたのか、
それも出来ずに落ちてしまったのか、
黄色の殻だけが梅ノ木から垂れ下がっていた。
赤い実がびっしり付いたときには、とても綺麗だろうが、
殻だけでもその黄色はとても風情があった。

 

Turuumemodoki_3615_20130123

 

Turuumemodoki_3619_20130123

|

« 水玉の世界 | トップページ | セツブンソウ・・・II »

花名 た行」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

殻のつるうめに魅かれる変わり者は私だけかと思いきや
もう一人いましたねぇ~(笑

実のなる頃は通過するだけで一度も撮ったことがないので
今年こそは忘れずに寄ってみなければと思う
けど、それも忘れちゃうんですよね 情けない(* -"-)

投稿: 夢花 | 2013年1月31日 (木) 09時08分

夢花さま おはようございます。
変なものに興味があるのは自分だけかと
思っていたら、そうでもないのかと安心しました(^^ゞ
そうですね、ここで見るのはいつも実が落ちたときばかり。

もう節分草が随分咲き出していますよ!
節分草祭りの屋台の準備も出来て、のんびり撮影も
出来ないでしょうが。

投稿: イナ | 2013年1月31日 (木) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/48932767

この記事へのトラックバック一覧です: ツルウメモドキ:

« 水玉の世界 | トップページ | セツブンソウ・・・II »