« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

セツブンソウ・・・II

Setubunsou_3648_20130130

春のようなポカポカ陽気に誘われて、節分草の咲く場所へ。

仲間の花とは少し離れて一人静かに咲く、
闇から浮き出たような一輪のその花に目を奪われた。
 
 

Setubunsou_3643_20130130

 

Setubunsou_3657_20130130

 

Setubunsou_3661_20130130

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

ツルウメモドキ

種子といってもほとんどの実はすでに
小鳥たちについばまれたのか、
それも出来ずに落ちてしまったのか、
黄色の殻だけが梅ノ木から垂れ下がっていた。
赤い実がびっしり付いたときには、とても綺麗だろうが、
殻だけでもその黄色はとても風情があった。

 

Turuumemodoki_3615_20130123

 

Turuumemodoki_3619_20130123

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

水玉の世界

雨の日には、雨の日にしか撮れないものがある。
と、水玉と遊んでみました。

Nanten_3608_20130123_2

 

Nanten_3605_20130123_2

 

Nanten_3607_20130123

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

セツブンソウ

節分草    キンポウゲ科

節分草の様子はいかがかなと覗いて見ました。
あいにくこの日は晴れの予報がすっかり狂い、
しとしと雨が降り続く、日中も数度までしか気温が
上がらない、寒い一日となってしまった。
かなりの数がすでに咲き始めていたのだが、
この日の天候では、ほとんどの花が閉じてしまっていた。
しかも開いている僅かな花も遠くのものばかり。
画像としては満足のいくものが無かったけれども、
今年初めての節分草ということで、見てやってください。
(・・・苦しい言い訳)
次回はもっと綺麗な画像をご覧いただきたいものだ。

もう春はすぐそこまで来ている・・・

Setubunsou_3611_20130123

 

Setubunsou_3612_20130123_2

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

早咲きの桜

 

Sakura_3575_20130122  

 

Sakura_3581_20130122

なんと言う種類の桜かは分からないが、
随分早咲きの桜である。
冬の冷たい雨に打たれて、静かに咲いていた。
その姿は少し震えているようにも見えた。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

ナンテン

南天    メギ科

Nanten_3565_20130122

 

Nanten_3574_20130122

色の乏しい季節の中で、ナンテンの実の赤色は
とても目に付く。
雪帽子をかぶったナンテンも素敵だが、
雨の滴に濡れたナンテンもなかなかだと思う。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

小さな妖精・コセリバオウレン

小芹葉黄連    キンポウゲ科

Koseribaouren_3601_20130123

コセリバオウレンが咲き始めたと聞いてはいたが、
なかなか時間がとれず、やっと会いに行ってきた。
この小さな、小さな、可憐な花に出逢うと、
今年も、もう後少しで楽しいシーズンの始まりだなあ
と、実感する。
 

Koseribaouren_3587_20130123

森の妖精あるいは、森の中の星屑
という言葉ぴったりの可憐な花。
さて、今年は後何度この花に合う為に
この地を訪れることになるだろう・・・ 

Koseribaouren_3584_20130123

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

雨上がりのロウバイ

蝋梅    ロウバイ科

Roubai_3550_20130122

雨に打たれて透きとおった花びら、
そこに雨の滴が・・・・・・

そんな情景はきっと絵になるなと思い、
開花を確認しておいた
近くの神社の境内に行ってみた。
さすがにロウバイ特有の良い香りは無かったが、
期待どおりのロウバイに出会うことが出来た。

Roubai_3552_20130122

 

Roubai_3554_20130122

 

Roubai_3555_20130122

 

Roubai_3556_20130122

 

Roubai_3557_20130122

雨上がりで温かいとはいえ、まだ1月、
撮影している間は感じなかったが、
撮影を終えたとたんに寒気が襲ってきた、
用意しておいたポットの熱いコーヒーの
おいしかったこと。
ふぅ~、生き返った。
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

風に立つ

猪独活    セリ科

Sisiudo_3542_20130109

自分の背丈を上回るほどに大きく成長した猪独活。
しっかり子孫を残したであろう姿で、なおも堂々と
冬の風に耐えていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

ハギクソウ

葉菊草    トウダイグサ科

Hagikusou_3534b_20130109

この時期にしては、久しぶりに色のある植物ですね。
しかし、訪れる時期が少しばかり遅かったようでした、
萎れかかった固体が目に付く中で、
かろうじて探した1株。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

枯れ行く命

Ajisai_3429_20130103

 

Ajisai_3434_20130103

 

Ajisai_3435_20130103

今までこういう地味な対象には、
余り目を留めることは無かったのだが、
このところ何故か気になって仕方がない。
きっと自分自身の年齢のせいだろうと思う。

いつの日か、人知れず、静かに散り落ちて
土に還る・・・・・
そんな命の終わり方をしたいものだ。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

静かな時間

Yamaimo_3418_20130102

 

Yamaimo_3416_20130102

 

Yamaimo_3413_20130102

山芋の種子かと思ったが、ちょっと違うようだ、
そして2種類の種子が絡み合っているようだ。
オニドコロとヘクソカズラの種子でしょうか?

冬の里山でみつけた静かな時間。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

リンドウとモチツツジ

Tururindou_3404_20130102

 

Tutuji_3407_20130102

色彩の乏しくなってきた野にあって、
モチツツジの葉が午後の日を浴びて
光り輝いていた。
実際は産毛(?)がもっと輝いていたのだが・・・ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

タネツケバナ

Tanetukebana_3402_20130102

 

Tanetukebana_3400_20130102

 

Tanetukebana_3397_20130102

田んぼではもうタネツケバナが花盛り。
季節は休まず動いている。

阪田寛夫さんのこんな詩が、中日新聞に紹介されていたのを思い出した。
<ななくさ/なずな/おみなえし/にほんの そらに/たねをまけ>

人の心に、幸せのタネをまけるような生き方が出来たら、素晴らしいことですね。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

タンポポ・綿毛

Tanpopo_3399_20130102

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

アメリカセンダングサ

Amerikasendangusa1

 

Amerikasendangusa2

この植物はどういうわけか花の時期より、
種になってからの方が目を惹かれる。
それも明け方や、夕方の陽を浴びた姿に・・・
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

セイタカアワダチソウ

Seitakaawdati

去年の暮れにも同じ固体を撮ったような
気がするけど・・・
目を惹くものは、やはりいつ見ても目を惹く
のかな?
いつまでたっても親から離れられない種たちよ。
それとも子離れしたくない親なのか。
植物の世界にも、こういうことはあるのかな??
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

Simo1

 

Simo2

 

Simo3

 

Simo4

 

Simo5

本来朝弱い私だが、
このところ冷えた朝が楽しくなってしまった。
その原因は、”霜”
どうやら、霜が作り出すすばらしい世界の
虜になってしまったようだ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

ホトケノザ

仏の座

Hotokenoza

もうホトケノザがそこかしこで、
ピンクの花をつけている。
これから寒さも本番というが、
春はもうすぐそこまで来ている
ような気になってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

初日の出

Hatuhinode1

Hatuhinode2

Hatuhinode3

Hatuhinode4

Hatuhinode5

あけましておめでとうございます。
当地は穏やかな元旦の朝を迎える
ことが出来ました。
日の出を見ていると、時間は一分一秒
止まることなく動き続けていることを、
しみじみ実感します。
良いことも、悪いことも、次の一瞬には
もう過去の出来事。
悔いのない様、今年も野山の移り変わりを
しっかり見届けたいと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

新年おめでとうございます

 

New_year2013d

遠州灘から昇る朝陽 
今年は穏やかな良い年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »