« ススキ | トップページ | ダイモンジソウ »

2012年10月14日 (日)

ヨメナ

嫁菜    キク科

Yomena_2392_20121010

 

Yomena_2395_20121010

沢の近くの山陰・・・
お昼を回ったのにまだ日が差し込まない草むらに、
びっしりと滴をまとったヨメナが・・・・
その瑞々しいブルーに目が釘付け、
先を急ぎここで時間をつぶす余裕などなかったのに、
どうしてもその場を離れることが出来なかった。

なんで嫁の菜かと思ったら
「この類中では最も美味でしかもやさしく美しいからである」
ということである。
ママコノXXとか、ヘクソ○○とか、あまり良い印象でない
名前が多い中で、この名前を付けた人はやさしい心の
待ち主なんだろうな。

(あるいは、ノコンギクかもしれない。野菊の仲間は
何がなんだかさっぱり分からない)
 

|

« ススキ | トップページ | ダイモンジソウ »

秋の花」カテゴリの記事

花名 やらわ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、秋の野菊はいいですね。
ヨメナやシマカンギク、ヤマジノギクなどは特に大好きです。
秋の草むらに種々雑多な野の花が咲く中でもヨメナは地味に目立つ花ですね。
それにしても滴がよく似合います。

投稿: C-NA | 2012年10月14日 (日) 21時35分

C-NAさん こんにちは

すっかり秋になりましたね。

野菊の仲間はさっぱり区別が付かなくて、
きっちり勉強しなくてはと思っております。

この滴をまとったブルーは、本当に綺麗でした。
こんなのを見てしまうと、時間の観念がどこかへ
吹っ飛んでしまう悪い癖が又出てしまいました。

そのおかげで、同行者を待たせる羽目になり、
いつも怒られます(^^ゞ

投稿: イナ | 2012年10月15日 (月) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/47424547

この記事へのトラックバック一覧です: ヨメナ:

« ススキ | トップページ | ダイモンジソウ »