« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

ヤマハッカ

山薄荷    シソ科

Yamahakka_2547_20121024

 

Yamahakka_2551_20121024

山肌いたるところヤマハッカの
澄んだブルー(紫かな)に染まっていた。
このブルーはやっぱり秋が良く似合うようだ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

小さな春

セイヨウタンポポ   西洋蒲公英    キク科

Seiyoutanpopo_2516_20121024

 

Seiyoutanpopo_2519_20121024

陽だまりに黄色の花がぽつぽつ・・・・
タンポポが咲いていた、すでに綿毛
の状態のものも。
小さな春を見つけたようで、なんだか
嬉しくなった。
 
 

カタバミ   傍食    カタバミ科

Katabami_2522_20121024

 

Katabami_2523_20121024

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

サクラタデ

桜蓼    タデ科

Sakuratade_2514_20121024

 

Sakuratade_2506_20121024
畑の脇の土手にピンクの可愛らしい花を
びっしり付けたサクラタデが咲いていた。
(サクラタデにしては枝分かれが多いように
も思われるが)
風が強く満足のいく絵にはならなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

アキノキリンソウ

秋の麒麟草    キク科

Akinokirinsou_2552_20121024

アキノキリンソウは今まであちこちで、
幾度と無く見てはいるのだが、
なかなか撮ろうという気になる花が無かった。
(というより、様になるように撮る自信が
無かったという方が当たっているかな)

やっと自分でも何とかなりそうな花に出会えた、
ちょっとアキノキリンソウらしくない花だけれども。

秋色が目立ち始めた草むらに、仲良く並んで咲く
アキノキリンソウに惹きつけられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

ムラサキセンブリ

紫千振    リンドウ科

Murasakisenburi_2571_20121024

 

Murasakisenburi_2562_20121024

 

Murasakisenburi_2564_20121024

 

Murasakisenburi_2569_20121024

ムラサキセンブリが咲き出したと聞いて、出かけてはみたものの
快晴のピーカン秋空、オマケに風はビュービュー、
とても自分の手に負えない厳しい条件。
色は出ない、揺れまくってピントは合わせられない、
散々の結果に終わってしまった。
もう一度出会えるチャンスは、あるのだろうか?

凛としたたたずまいのムラサキセンブリは、何度見ても美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

犬か否か・・・イヌセンブリ

犬千振

Inusenburi_2596_20121024

 

Inusenburi_2582_20121024

この地方でもセンブリが咲き出した。
そろそろ野草のシーズンも終わりに近い、
少々寂しい気持ちだ。

イヌセンブリ・・・漢字で書けば犬千振
この日のイヌセンブリ園(??)は大賑わい
といっても数人だから、大げさに言うことは無いが。

その中のお一人が「イヌセンブリは犬の顔に、
似ているんですか?」・・・と、おっしゃった。
我等グループは、エッ???ときょとん。
「だって、ここが目で、雌蕊がお鼻で、もじゃもじゃが・・・」
と、どこかのブログに書いてありました。
これには一同大爆笑、そういう珍説もあるのか!!!

犬の顔ではなくて、センブリに似ているけれども、
役に立たないから、「イヌ」が付いている。
植物には「イヌ」と付くものが多いけれど、
だいたい本家に対して役に立たないものを、
イヌ○○といっていますと、同行者が説明。

イヌは元々「否」で、似て否なるものの意味で、・・・
という説を以前呼んだことがある。
否(イナ)・・・役立たず
なんか、自分のことを言われているようだなぁ。

1枚目の画像の構図は、同行のAさんの構図が
あまりに素晴らしかったので、真似させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

ヨメナ

嫁菜    キク科

Yomena_2487_20101021_2

ヨメナと思うのだが、沢の土手ではっきり確認できず。
ノコンギクかも? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

ミカワマツムシソウ

三河松虫草    マツムシソウ科

Mikawamatumusisou_2501_20101021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

メリケンカルカヤ

米利堅刈萱    イネ科

Merikenkarukaya_2496_20101021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

エンシュウハグマ

遠州白熊    キク科

Enshuuhaguma_2469_20101017

 

Enshuuhaguma_2474_20101017_2

 

Enshuuhaguma_2485_20101017

この花のほんのり・うすいピンクは、
なんとも言えず、美しい。
恥ずかしげにほほを染めた乙女の姿
(う~ん、この言葉も死語に近いか・・・寂しいね、)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

アズマレイジンソウ

東伶人草    キンポウゲ科

Azumareijinsou_2463_20121010

 

Azumareijinsou_2462_20121010

「れいじん」という言葉の響きからするイメージと、
どうも結びつかない顔立ちだと思っていたけれど、

「雅楽を演奏する楽人を伶人と言うそうで、
雅楽奏者のかぶる冠に花の形が似ている事から
名付けられたそうです」という説明を読んで、納得。

「麗人」ではなくて「伶人」だったのだ。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

ノブキ

野蕗    キク科

Nobuki_2370_20121010

 

Nobuki_2368_20121010

一つ一つの花はほんの数ミリ、
大変繊細で綺麗な花です。
それに比べて、
種子の形はちょっとグロテスクか。
たんたんたぬきの○○・・・という感じ    かな? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シラネセンキュウ

白根川弓    セリ科

Siranesenkyuu_2365_20121010

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

ジンジソウ

人字草    ユキノシタ科

Jinjisou_2361_20121010

 

Jinjisou_2353_20121010

昨日の大文字草といい、この人字草といい、
見た瞬間になるほどという、分かりやすい名前ですね。
そしてどちらもじっくり見ると、とてもかわいい顔立ちです。

ダイモンジソウに比べてこちらは絶好調。
花も大変綺麗、株数もとても多い状況でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

ダイモンジソウ

大文字草    ユキノシタ科

Daimonjisou_2389_20121010

大の字に見えるからと、「ダイモンジソウ」
まことに分かりやすい名前であります。

Daimonjisou_2380_20121010

生息場所は川べりの湿った岩の上を好む。
ちょっと増水したら、簡単に押し流されて
しまいそうなところをなぜ好むのだろう?

他の植物が住むことの出来ない、
こんな場所にしか、生きる場所を
選ぶことの出来ないほど、
競争力の弱い植物なのか?

Daimonjisou_2374_20121010

 

Daimonjisou_2378_20121010

 

Daimonjisou_2372_20121010

川岸には「大」の字がいっぱい。
しかし、9月の台風の増水の影響か、
今年は花の数がいつもの年より少
ないような気がする。
咲き始めてまだそんなに時はたって
いないはずだが、
痛みの多い花が多いような気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

ヨメナ

嫁菜    キク科

Yomena_2392_20121010

 

Yomena_2395_20121010

沢の近くの山陰・・・
お昼を回ったのにまだ日が差し込まない草むらに、
びっしりと滴をまとったヨメナが・・・・
その瑞々しいブルーに目が釘付け、
先を急ぎここで時間をつぶす余裕などなかったのに、
どうしてもその場を離れることが出来なかった。

なんで嫁の菜かと思ったら
「この類中では最も美味でしかもやさしく美しいからである」
ということである。
ママコノXXとか、ヘクソ○○とか、あまり良い印象でない
名前が多い中で、この名前を付けた人はやさしい心の
待ち主なんだろうな。

(あるいは、ノコンギクかもしれない。野菊の仲間は
何がなんだかさっぱり分からない)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ススキ

芒、薄  別名:尾花    イネ科

Susuki_2426_20121010

ちょっと開けた草原になぜか、ススキがぽつんと一株だけ。
(ススキだと思うのだが違うのかな?)
ちょっと不思議な光景に思わずカメラを向けてしまった。

逆光を受けて穂が輝いていたのだが、
写そうと思ったら日が雲間に・・・
再び光が差し込むまで待てなかった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

夕陽の舞台で・・コツブキンエノコロ

小粒金狗尾    イネ科

Kotubukinenokoro_2450_20121010

 

Kotubukinenokoro_2436_20121010

 

Kotubukinenokoro_2453_20121010

 

Kotubukinenokoro_2417_20121010

秋の夕陽を受けて、草原は光輝く舞台。

陽の高いうちはさして目に留まることの無い
キンエノコロたちが、まるで世界が違った
ように輝きだす。

その様子は、「私が一番よ!!!」
とばかりに、まるで競い合っているようにも
感じられる。

駆け足で降りていく、秋の夕陽をつなぎとめようと、
草たちが繰り広げる、一瞬のドラマのようでもある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

ウメバチソウ

梅鉢草    ユキノシタ科

Umebatisou_2423_20121010

 

Umebatisou_2423b_20121010

「上は要らない」・・・という、A先生のお言葉。
先生のお言葉に従い1枚目の原画をトリミングしてみた、
なるほど随分印象が違う、加工後のほうが主体が引き
立つように思える。

「写真は引き算」という言葉を聞いたことがあるが、
その言葉を実感した。
先生ありがとうございました。

ご覧頂いた方の感想などお聞かせいただければ、
嬉しいです。

Umebatisou_2425_20121010

今年は時期を失し見られないかと思っていた、ウメバチソウ。
それでもと思い訪ねた場所に、かろうじて咲き残っていた。
ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

ホトトギス

杜鵑草    ユリ科

Hototogisu_2343_20121003

 

Hototogisu_2340_20121003

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

キツリフネ

黄釣船    ツリフネソウ科

Kiturihune_2299_20121003

 

Kiturihune_2302_20121003

 

Kiturihune_2297_20121003_2

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

エンシュウハグマ

遠州白熊    キク科

Enshuhaguma_2323_20121003

 

Enshuhaguma_2311_20121003

 

Enshuhaguma_2308_20121003

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

アケボノシュスラン

曙繻子蘭    ラン科

Akebonoshusuran_2350c_20121003

 

Akebonoshusuran_2325c_20121003

 

Akebonoshusuran_2332c_20121003

 

Akebonoshusuran_2335_20121003

 

Akebonoshusuran_2347_20121003

いやぁ、曙の空の色というのは表現するのに
まったく難しい色であると、いつも苦労する。

下手な鉄砲も何とやらと、沢山撮っては見たものの、
どれも納得のいく色が出ない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

カリガネソウ

雁草、雁金草    クマツヅラ科

Kariganesou__2287_20121003

横顔を見ていて花王石鹸を思い出してしまった!

Kariganesou__2275_20121003

 

Kariganesou__2282_20121003

 

Kariganesou__2295_20121003

 

Kariganesou__2272_20121003

初めて見る花です。

すでに盛期は過ぎてしまっているとの情報を得てはいたけれど、
来年のためにも是非見ておきたいと出かけてしまった。
時期が少し遅く、その上数日前の台風の風で茎は倒れ、
かなりの花が散り落ちてしまっていた。

画像では見ていても、実際目の当たりにすると、
まったく変わった花もあるものだと、改めて感心する。

しかしカメラマン泣かせの花でもある。
微妙な色合いがなかなか出ない・・・
どこにピントを合わせたらいいのか・・・
まあ、次回のためにと思いいろいろと撮ってみた。
沢山の花が付いた状態を撮れなかったのが、
少々残念。

上の画像は風で倒れてしまった状態のものだが、
何かおかしい?????
茎を起こした状態を想像すると・・・・
蕊の方向が逆だ!倒立している!
風で倒れてこうなったのか?
それとも、ちょっと変わり者の花なのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

ヒヨドリバナ

鵯花    キク科

Hiyodoribana_2242_20120926

 

Hiyodoribana_2246_20120926

 

Hiyodoribana_2249_20120926

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

ミカワマツムシソウ

三河松虫草    マツムシソウ科

Mikawamatumusisou_2260_20120926

 

Mikawamatumusisou_2255_20120926

ミカワマツムシソウ
愛知県東部、静岡県西部の蛇紋岩地帯に多い、
マツムシソウの変種で、マツムシソウと比べ
頭花が1~2㎝と小型で舌状花がないか又は
3~5個の短い舌状花しかないのが特徴。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »