« ミゾホオズキ | トップページ | ヤマユリ »

2012年7月20日 (金)

オープンエアーの奨め

※この記事は野草に関する記事ではありませんので、予めお断りしておきます。

私は、片道約7.5Km 20分ほどを仕事場まで車で通勤している。
連日30度以上の猛暑日が続き、朝から太陽が照り付けてくると
つい車のエアコンを入れたくなるところだが、カーエアコンの
スイッチを入れるのをちょっとの間我慢して、ウインドウ全開で
走り出してしまえば、生温いけど風は体を気持ちよく包み込む。
信号待ちで止まれば、小鳥のさえずりも聞こえてくる。
梅雨明けと同時にせみの声も。
本格的な夏になれば、この状態もいつまで続くか分からないが、
しばらくは、オープン・エアーの心地よさを楽しむつもりだ。

自分が窓を開けていると、ついついお隣さんの車も気になって、
信号待ちの間やら、対向車に目が行ってしまう。
注意して見ていると、結構多く(と、いえるかどうか分からないが)
の車が窓を開けて走っている。
中にはエアコンが故障で仕方なくと言う方も居られるでしょうが、
皆が皆故障と言うことも考えられないので、自分の意思でエアコンを
使わずに居られる方も多いのだと思う。
その方たちは、きっとエネルギーのこと、人間の暮らし方のことを、
考えて、あえてエアコンを使わないことを選んでいるのではないか
と思うと、ちょっと嬉しい。

原発事故以降、再稼動の是非、電力不足の為の節電などなど、考え
させられる大きな問題が、我々に突きつけられている。

原発の事故に端を発した問題ではあるが、ただ単に電力の問題だけ
でなく、エネルギー全体の問題、もっと突き詰めれば我々の暮らし方
そのもののあり方が、問われているのではないかと思う。

今を生きている自分の便利さ、快適さだけを考え、我々に続く世代
のことは、「あとは野となれ、山となれ」と言う意識から抜け出し
後々の世代が気持ちよく、安心して暮らすために、今、自分たちは
どう暮らすべきかを真剣に考えるときであると思う。

・・・2012年暑い夏も、
 少しは人間を思慮深くさせてくれるような気がする

・・・自転車という選択肢もあるなぁ  う~ん

・・・都会の市街地走行では無理でしょうが
  今までカーエアコンを無意識に使っていた方のうち、
  オープン・エアーを体感してみようかな、
  と思っていただける人が、お一人でもいたなら、
  うれしいなぁ

  こちらもご覧下さい。
  「自然エネルギー100%の、原発の無い未来のために」
  パブリックコメントを書く
 

|

« ミゾホオズキ | トップページ | ヤマユリ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/46358651

この記事へのトラックバック一覧です: オープンエアーの奨め:

« ミゾホオズキ | トップページ | ヤマユリ »