« セツブンソウ・・・II | トップページ | コセリバオウレン・・・II »

2012年2月12日 (日)

フラサバソウ

最初はイヌノフグリと思いこんでしまったが、
よく調べると、フラサバソウのようだ。
思い込みは怖い。

Inunohuguri_9775_120211

はじめは何の葉だろうかと思いつつも、
霜の造形に目が奪われていた。

Inunohuguri_9794_120211

霜で凍りついた葉の影になにやら白いものが、
よくよく見ると、どうも花のようだ。
花も凍えてガラス細工のようだ。

 

Inunohuguri_9788_120211

やがて葉に付いた霜が朝日を浴びて解け始める、
これだけでもなかなか美しいものだ。

Inunohuguri_9786_120211

そして小さな小さな花が現れてきました。
花の大きさといえば、5mmにも満たないような、
本当に小さな小さな花である。

Inunohuguri_9797_120211

 

Inunohuguri_9803_120211

こんな寒い時期、朝は凍えてしまっている状態でも、
朝日を浴びれば、また生き生きと蘇る、生命力のカ強さと、
生き物にとって太陽はなくてはならない偉大な力
であることをあらためて強く実感する。

とても得した気分の朝のひととき。 

|

« セツブンソウ・・・II | トップページ | コセリバオウレン・・・II »

花名 は行」カテゴリの記事

コメント

フラサバソウにはまだ出会ったことがありません。
イヌノフグリにも何処かで出会えたらと思います。

投稿: れい | 2012年2月14日 (火) 23時19分

れいさん こんばんは。

フラサバソウだと思うのですが、ちょっと自信がありません。
イヌノフグリは大変少なくなってしまっているようですね。
愛知県では絶滅危惧種に指定され、一説では県内で確認
されているのは10箇所ほどとのことです。
豊橋では1箇所ありますが、今年はまだ確認していません。

どこかで会えるといいですね。

此花に出会えたのも、れいさんの霜風景に刺激された
からです。

投稿: イナ | 2012年2月15日 (水) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214268/44073353

この記事へのトラックバック一覧です: フラサバソウ:

« セツブンソウ・・・II | トップページ | コセリバオウレン・・・II »