« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

シロバナイナモリソウ

白花稲守草

Sirobanainamorisou_8685_111026

シロバナイナモリソウ   /   アカネ科    111026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヌヤマハッカ

犬山薄荷

Inuyamahakka_8684_111026

イヌヤマハッカ   /   シソ科    111026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

センブリ

千振

Senburi_8695_111026

Senburi_8698_111026

センブリ   /   リンドウ科    111026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メハジキ

目弾
初めて見るが、なんとも変わった名前である。
この日は風が強く、ピンボケ、ブレブレだが初見なので掲載。

Mehajiki_8719_111026

メハジキ   /   シソ科    111026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

エンシュウハグマ

遠州白熊
しまった、訪れるのが少々遅かった。

Enshuhaguma_8689_111026

Enshuhaguma_8692_111026

エンシュウハグマ   /   キク科    111026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイモンジソウ

大文字草
今年はいろいろな場所でダイモンジソウに出会うことが出来た。
でももうこれで最後だろう。

Daimonjisou_8683_111026

ダイモンジソウ   /   ユキノシタ科    111026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

ススキヶ原の合戦

Aちゃ大将に率いられた我々は、ススキヶ原を目指して黙々と進む。
樹林帯を抜けると明るい草原に出た、そこが目指すススキヶ原だ。
草原を一目見渡したとたん、今までの元気はどこへやら、一瞬にして
意気消沈、アカン、これはもう逃げるしかない。
敵の尾花勢のその数たるや、数千、数万、いや数十万か・・・
見渡す限りの草原を埋め尽くしている。

どうにもこうにも、どこをどう攻めていいのか皆目見当も付かない。
おびえる新兵を叱咤激励し、作戦を授けるN将軍。
もうこうなったらやけくそ、めったやたらと刃を振るってみたものの、
結果は散々、まるで刃がたたない。
いつの日か敵の大将の首を撮ってやるぞと、心に誓って、夕暮れ迫る
ススキヶ原を後にした・・・

Susuki_8730_111026

Susuki_8733_111026

Susuki_8747_111026

Susuki_8752_111026
今まで目にした事もない題材を見させていただいたAちゃさん、
迷える新兵に作戦を伝授していただいたN先生に感謝!

ススキ(芒、薄) 別名:尾花   /   イネ科   111026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

コシオガマ

小塩竈

Kosiogama_8605_111019

コシオガマ    ゴマノハグサ科    111019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

ダイモンジソウ・・・partIV

  大文字草
人間の世界と同じく、植物の世界にも他人と同じはいやだという、
一風変わったヤツがいるようで。
この場所にはずいぶん奇人変人?が沢山いたので、
ちょっと集合してもらった。

星型ダイモンジソウ・・・どう見ても”大”の字には見えないなぁ

Daimonjisou_8608_111019_2

花びらが6枚のダイモンジソウ・・・ちょっとかわいい
Daimonjisou_8609_111019

花びらが7枚・・・なにか威張りくさっている?
Daimonjisou_8619_111019_2

花びらが8枚・・・かなり欲張り
Daimonjisou_8618_111019

花びらが10枚のも見つけたのだが、カメラを取りに行っている間に、
見失ってしまい、とうとう見つけ出すことが出来なかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

ダイモンジソウ・・・part III

大文字草

Daimonjisou_8581_111019

Daimonjisou_8579_111019

Daimonjisou_8590_111019

Daimonjisou_8592_111019_2
俺らダイモンジソーッ・・・な~んちゃって (^^ゞ
ひょうきんなヤツもいるもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

ダイモンジソウ・・・part II

大文字草

Daimonjisou_8599_111019

Daimonjisou_8595_111019

Daimonjisou_8600_111019

Daimonjisou_8601_111019

ダイモンジソウ   /   ユキノシタ科    111019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

ナンテンハギ

南天萩

Nantenhagi_8479_111005

ナンテンハギ   /   マメ科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤブマメ

藪豆

Yabumame_8499_111005

ヤブマメ   /   マメ科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハギ

山萩

Yamahagi_8525_111005

ヤマハギ   /   マメ科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

ホトトギス

杜鵑草

Hototogisu_8531_111012

ホトトギス   /   ユリ科    111012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

ダイモンジソウ

大文字草

「幽玄深谷」と言う言葉が頭に浮かぶこの場所を、
多くの方のブログで拝見し、いつか訪れたいと思っていた、
そしてやっとその機会が巡ってきた。
残念ながら先の台風の増水のためか、苔むした岩も
苔が洗い流され、その趣が少々損なわれてしまっていた。
そしてなにより、花の数もかなり少なくなってしまったようだった。
それでも十分に楽しめた一日であった。

Daimonjisou_8572_111012

Daimonjisou_8557_111012

Daimonjisou_8550_111012

Daimonjisou_8553_111012

Daimonjisou_8570_111012
↑これぞ大文字草 、名前と印象がこれほどぴったりの花も余りないのでは?
朽ちかけた木の上にしっかり根付いていた。

Daimonjisou_8554_111012

ダイモンジソウ   /   ユキノシタ科    111012

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

アケボノシュスラン

曙繻子蘭
始めて見るアケボノシュスラン。
ほんのり薄いピンク色がなんとも気をひく色である。
(露出補正の失敗か、薄くピンクに染まる曙の空には程遠いが)
花期も終盤に近いのか、葉は沢山目に付くのだが、
咲いている株が少ない、花付きの良い株というと、
さらに少ないのが、少々残念。
次回はもう少し早い時期に訪れたいものだ。

情報を教えていただいたVさんありがとうございます。

Akebonoshusuran_8541_111012

Akebonoshusuran_8539_111012
↑こちらは河原へ降りる細い坂道の、崖にしがみつくように咲いていた一輪、
思わず五体倒地、行き倒れ状態の撮影と相成ってしまった。
頭が坂の下向きの状態は、ズルスルとずり落ちそうで・・・
胃のレントゲン撮影で頭を下向きにさせられた状態を、
つい思ってしまった。

Akebonoshusuran_8534_111012

アケボノシュスラン   /   ラン科    111012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

ツユクサ

露草
ツユクサが雨露(こんな言葉あったかなぁ?)に濡れて、
よい雰囲気だったのだが、
表現できていないなぁ・・・

Tuyukusa_8488_111005

ツユクサ   /   ツユクサ科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカイヌホオズキ

亜米利加犬酸漿

Amerikainuhozuki_8491_111005

アメリカイヌホオズキ   /   ナス科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キツネノマゴ

狐の孫

Kitunenomago_8489_111005

キツネノマゴ   /   キツネノマゴ科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

ホトトギス

杜鵑草

Hototogisu_8512_111005

Hototogisu_8514_111005

Hototogisu_8509_111005

Hototogisu_8517_111005

ホトトギス   /   ユリ科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

オオニシキソウ・実

大錦草
水滴は植物たちを一層美しく見せることを
改めて実感。
多分、水滴が付いていなかったら気にもとめなかっただろう。

Oonisikisou_8481_111005

オオニシキソウ   /   トウダイグサ科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツリガネニンジン & ソバナ?

釣鐘人参

Turiganeninjin_8476_111005

蕎麦菜、岨菜?
↓ソバナなのかツリガネニンジンなのかどうも良く分からない。
花のつき方は輪生ではないので、ソバナ?
しかし
花の形はツリガネニンジン風、
花柱が花弁より飛び出しているのは、ツリガネニンジン?
厄介な花である。
さぁてどっちでしょう?
Sobana_8472_111005

ツリガネニンジン あるいは ソバナ  /  キキョウ科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

サクラタデ

桜蓼

Sakuratade_8495_111005

Sakuratade_8494_111005

Sakuratade_8496_111005

サクラタデ   /   タデ科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アキノタムラソウ

秋の田村草

Akinotamurasou_8474_111005

Akinotamurasou_8475_111005

アキノタムラソウ   /   シソ科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

サワヒヨドリ

澤鵯
実りの秋、里の秋、
日本を感じるひと時。
Sawahiyodori_8470_111005

サワヒヨドリ   /   キク科    111005

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エンシュウハグマ

遠州白熊

Enshuhaguma_8504_111005

Enshuhaguma_8502_111005

エンシュウハグマ   /   キク科    111005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

ワレモコウ

吾木香
この花も、どうまとめてよいのかさっぱり分からない、
いつも泣かされる花の一つだ。

Waremokou_8463_110930

ワレモコウ   /   バラ科    111001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナギナタコウジュ

薙刀香需

Naginatakoujyu_8392_110930

Naginatakoujyu_8394_110930

ナギナタコウジュ   /   シソ科    110930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

ツリバナ・実

吊花

Turibana_8444_110930

Turibana_8457_110930_2

ツリバナ   /   ニシキギ科    111001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マユミ・実

真弓
どこを切り取ったらよいかと迷ってしまうほど、
良い花つき(実付き?)だった。

Mayumi_8462_110930

マユミ   /   ニシキギ科    111001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

ノギクの仲間

ノギクの仲間はさっぱり種類が分からない。
(ノギクの仲間とすれば間違いはないだろうという安易な気持ちで・・・)

ノコンギク白花?
Nokongiku_8450_110930

ノコンギク?
Nokongiku_8454_110930

リュウノウギク?
Nokongiku_8438_110930_3

ノギクの仲間   /   キク科    111001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ススキ

芒、薄
撮ってみたいと思いつつ、なかなか良いロケーションに
巡り合えない花の一つ。
逆光に輝き、風に揺れる様が綺麗だったが、
画像として再現するにはやはり難しいと、あらためて思い知らされた。
いつの日かイメージどおりに撮りたいものだ。

Susuki_8447_110930

ススキ   /   イネ科    111001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

ヤマラッキョウ

山辣韮
霧の水分を含んで、少々重たげなヤマラッキョウ

Yamarakkyo_8430_110930

ヤマラッキョウ   /   ユリ科    110930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノコギリソウ

鋸草
切れるかと思って触ってみたけれど、
どうも切れそうもない鋸だった (^^ゞ

Nokogirisou_8425_110930

Nokogirisou_8435_110930

ノコギリソウ   /   キク科    110930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

マツムシソウ

松虫草

花はほとんど終わり、すでに実になっている。
普段なら余り目を止めることのない状態だが、
霧のおかげで、大変美しいものを見たような気分になった。

Matumusisou_8396_110930

霧が細かい水滴となり、実にまとわり付いている様は、
ため息が出そうなくらい美しかった。

Matumusisou_8402_110930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカツメグサ

赤詰草
どこにでもある、極、普通の花である。
よく見ると結構綺麗な花であるが、霧のおかげで
いっそう美しく見える。

Akatumegusa_8401_110930

アカツメグサ   /   マメ科    110930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワラナデシコ

河原撫子
周りはほとんど枯れ草の中、
この花だけが一輪、場違いのように咲いていた。
ここにはエゾカワラナデシコもあるそうだけれども、
これはどうもカワラナデシコのようだ。

Kawaranadesiko_8408_110930

カワラナデシコ   /   ナデシコ科    110930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

ハバヤマボクチ

葉場山火口
信州八島湿原は深い霧に包まれていた。
柄は大きいが地味な花・葉場山火口には、
霧が良く似合う。

Habayamabokuti_8411_110930

前夜の満天の星空が、一夜明ければ深い霧、
霧ヶ峰、八島湿原はその霧にすっぽりつつまれ、
静まり返っていた。

Kiri_8412_110930

ときおり、霧が風に流されると、
一時こんな風景が

Yasimagaike_8419_110930

ハバヤマボクチ   /   キク科    110930

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

ウメバチソウ

梅鉢草

Umebatisou_8354_110928
どうにもバックの処理に悩み、苦し紛れの
空抜き・・・花の特徴はまったく表現できていないけれど
まぁ、たまにはこんなのもありかな。

Umebatisou_8351_110928

Umebatisou_8356_110928

ウメバチソウ   /   ユキノシタ科    110928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハハコ

山母子

Yamahahako_8358_110928

ヤマハハコ   /   キク科    110928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

シラネセンキュウ

白根川弓

やはりトウキは間違いのようでした。
シラネセンキュウ、あるいはヤマゼリでは、というご教示をいただきました。
シラネセンキュウに訂正いたします。

トウキとしたものの、まったく自信がありません。
この仲間はよく似ていて、まるで良く分かりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

Touki_8379_110928

Touki_8376_110928

Touki_8381_110928

シラネセンキュウ(ではないかもしれない)   セリ科    110928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタドリ

虎杖

Itadori_8382_110928

イタドリ   /   タデ科    110928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウド

独活

Udo_8329_110928

ウド   /   ウコギ科    110928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »