« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

ツルリンドウ

蔓竜胆

Tururindou_8347_110928

ツルリンドウ   /   リンドウ科    110928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツルニンジン

蔓人参

Turuninjin_8362_110928_2

ツルニンジン   /   キキョウ科    110928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

ツリフネソウ

釣舟草

Turihunesou_8369_110928
清冽に流れ落ちる滝の傍らに、その花は咲いていた。
水しぶきを浴び、つややかに、生き生きと・・・・
今にも泳ぎだしそうに。

Turihunesou_8335_110928

ツリフネソウ   /   ツリフネソウ科    110928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヌショウマ

犬升麻

Inushouma_8317_110928

イヌショウマ   /   キンポウゲ科    110928

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

ゲンノショウコ

現の証拠
この場所のゲンノショウコは、ほとんどががアカバナで
白い花は極少なかった。

Gennoshouko_8254_110914

Gennoshouko_8256_110914

ゲンノショウコ   /   フウロソウ科    110914

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

リンドウ

竜胆

Rindou_8308_110914

リンドウ   /   リンドウ科    110914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマジノホトトギス

山路の杜鵑草

Yamajinohototogisu_8257_110914

ヤマジノホトトギス   /   ユリ科    110914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

ハナイカリ

花碇

Hanaikari_8298_110914

「はないかり」とひらがなで書いたほうが
雰囲気に有っているような気がする。
古人は風流な名前を付けるものだ、
現代ならさしずめ、ロケット花火だの魚雷だの、
味も素っ気も無い言葉を連想してしまう。

花弁が開くとどんな風になるかと思い
探してみたが、開ききらないうちの方が
絵になる花のようだ。

Hanaikari_8306_110914

ハナイカリ   /   リンドウ科    110914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

ヤマハハコ

山母子
ヤマハハコは今までさして美しい花とは思っていなかったが、
ファインダーを覗いてビックリ、
透き通るような白い花弁がこれほど綺麗だったとは!
白いブーケのようで・・・
(撮影技術未熟で本当の美しさを表現できず悔しい)

人間を楽しませるために咲いているのではなく、
蝶や蜂など昆虫にアピールするために、花をつけているのだなぁと、
あらためて思いいたしました。
ヤマハハコさんごめんなさいと謝らなければ。

Yamahahako_8277_110914

Yamahahako_8310_110914

Yamahahako_8275_110914

ヤマハハコ   /   キク科    110914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

マツムシソウ

松虫草
この時期は昆虫たちも大変忙しい、
蝶や蜂たちがひっきりなしに、おいしいご馳走を求めて訪問していた。

Matumusisou_8269_110914

Matumusisou_8261_110914

マツムシソウ   /   マツムシソウ科    110914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒメトラノオ

姫虎の尾
残念ながら花期は終盤だったが、
大変綺麗なムラサキ色、状態の良いときに見てみたい花だ。

Himetoranoo_8271_110914

Himetoranoo_8272_110914

ヒメトラノオ   /   ゴマノハグサ科    110914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

ウメバチソウ

梅鉢草
もうウメバチソウの咲く季節、いよいよ秋も本格的。

Umebatisou_8303_110914

Umebatisou_8290_110914

ウメバチソウ   /   ユキノシタ科    110914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

シシウド

猪独活
秋の陽をいっぱい浴びて、すっくと立つ
一株のシシウドに目を奪われて。
シシウドとしたが、別の種類かもしれない?

Sisiudo_8197_110907

シシウド   /   セリ科    110907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジキタリス

ジキタリス
野草のブログに載せるには、ちょっと憚られる
園芸種だと思われるが・・・
少なくとも周囲何百メートルの範囲には人家の無い場所に、
一株だけ咲いていた。
風で種子が運ばれたとはちょっと考えにくいので、
種子をついばんだ鳥が、糞と一緒に落としていったものか?
風、水、昆虫、動物(もちろん人間も含めて)、・・・
子孫繁栄のためにあらゆる手段を講じる、植物の知恵を
あらためて感じさせてくれた。
同時に、植物、昆虫、動物その他もろもろ地球上のあらゆるものが、
つながり、助け合い、生きて、地球が成り立っているのだと思う。
人間も、その枠組みの中にあることを忘れないようにしなくては。

Jikitarisu_8203_110907

ジキタリス   /   ゴマノハグサ科     110907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

ヒオウギ

檜扇

Hiougi_8256_110907

ヒオウギ   /   アヤメ科    110907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

アカバナ

赤花
初見の花。
小さくて、控えめな薄紫がとても綺麗だった。

Akabana_8218_110907

Akabana_8213_110907

アカバナ   /   アカバナ科    110907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

アキノウナギツカミ

秋の鰻攫
ミゾソバ、ママコノシリヌグイによく似たかわいい花、
これも名前からうけるイメージとはずいぶん隔たりがある。
ママコノシリヌグイとは葉の形が違い、
茎に柔らかくて短いトゲが有るので、アキノウナギツカミとした。
ミゾソバにはとげは無い。

Akinounagitukami_8200_110907

アキノウナギツカミ   /   タデ科    110907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノハラアザミ

野原薊

Noharaazami_8211_110907

ノハラアザミ   /   キク科    110907
渓流の岸に咲くノハラアザミ、
渓流の流れを取り込みたかったのだが、
なかなかうまく表現できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

イヌショウマ

犬升麻
たそがれ迫る湿原を吹き渡る涼風に、たゆとういぬしょうま、
いとをかし。
字余りですなぁ・・・

Inushouma_8247_110907

Inushouma_8236_110907

イヌショウマ   /   キンポウゲ科    110907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

アケボノソウ

曙草

Akebonosou_8227_110907

Akebonosou_8220_110907

アケボノソウ   /   リンドウ科    110907
この日は終日雲ひとつ無い快晴
高原を吹き渡る風が心地よく、
秋の到来を実感した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

ヤマジノホトトギス

山杜鵑草

Yamahototogisu_8172_110831

ヤマホトトギス   /   ユリ科    110831
ヤマホトトギスの特徴として「花被片が強く反り返るのが特徴」
と、あるが、これは反り返りがほとんど無いので、
ヤマジノホトトギスではないかと迷った。
しかしよく見ると、
「花柱の下部にまで暗紫色の斑点があり、
葉の基部が茎を抱くようになっており、
花は茎頂についている」
というヤマホトトギスの特徴と合致するので、
ヤマホトトギスとした。
間違っておりましたら、ご教示下さい。

やはり、花のつき方、花被のそり方からヤマジノホトトギスでは
ないかと、ご指摘をいただきました。(ありがとうございます)
ヤマジノホトトギスに訂正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマジノホトトギス

山路の杜鵑草

Yamajinohototogisu_8177_110831

Yamajinohototogisu_8181_110831

ヤマジノホトトギス   /   ユリ科    110831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

ミズタマソウ

水玉草
あるいは、ウシタキソウかと迷ったけれども、
「葉の基部が心形になってなく、幅も細めなので」ミズタマソウとした。
この近くに葉が丸っこい形をしたものがあったので、ひょっとすると、
両者が混在しているのかもしれない。
次回確認。

Mizutamasou_8143_110831

ミズタマソウ   /   アカバナ科    110831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マネキグサ

招き草
うなづける名前である、おいでおいでをしているようで・・・

Manekigusa_8125_110831

マネキグサ   /   シソ科    110831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマトウバナ

山塔花

Yamatoubana_8134_110831

ヤマトウバナ   /   シソ科    110831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

ビッチュウフウロ

備中風露
初見の花です。
以前ここを教えていただいたSさん、そして案内していただいたAちゃに感謝。

Bittyuuhuuro_8166_110831

Bittyuuhuuro_8170_110831

ビッチュウフウロ   /   フウロソウ科    110831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヌスビトハギ

盗人萩
花には関係なく、実の形からつけられた名前だそうだが、
花にとってはまりありがたい名前とはいえないようですね・・・
こんなに愛くるしい姿をしているのに。

Nusubitohagi_8163_110831

ヌスビトハギ   /   マメ科    110831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フシグロセンノウ

節黒仙翁
この花とは関係ないが、すぐ横の沢に
「なす」で作った牛とお供え物が小さなわらの茣蓙に置いてあった。
我が家ではいつの頃からか作らなくなってしまった、「おしょろさま」
子どもの頃の懐かしい思い出が、蘇ってきた。
こういう風習がいまだに残っている土地はいいなぁと、ちょっぴり感傷的に
なった山里にて。

Husigurosennou_8149_110831

フシグロセンノウ   /   ナデシコ科    110831

※いままでナスで作った馬と思い込んでいた。
尻尾はトウモロコシの毛を利用していたので、馬の尻尾に
そっくりだったから。
でも、
「キュウリの馬とナスの牛を作って仏前に飾り、4日間の盆行事を行った。
ご先祖様があの世から帰ってくるときには
“早く帰ってくることが出来るように”と、足の速い「馬」を用意し、
あの世へ戻っていくときには“ゆっくりと、そしてお土産を
たくさん持って戻って欲しい”と、足が遅く、荷物をたくさん
背負える力持ちの「牛」を用意する・・・」
と言うことなんだそうです。
へぇ~なるほどね。
昔の人の故人への慈しみの思いがよく現れていますね。
(現代ではお盆と言っても何か形式化してしまっているような)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

ツルリンドウ

蔓竜胆
今までなかなか出会えなかった花にやっと、めぐり合えた。
リンドウと比べると、繊細で、清楚で、ぞっこん気に入りました。
リンドウと聞くと、秋を感じますね、
そろそろ秋の花が楽しませてくれる季節の到来です。

Tururinndou__8176_110831

Tururinndou__8183_110831

ツルリンドウ   /   リンドウ科    110831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヤマママコナ

深山飯子菜

Miyamamamakona_8188_110831

ミヤマママコナ   /   ゴマノハグサ科    110831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

ミズヒキ

なかなか撮影の難しい花である、
花が小さい、花と花の間隔が広い、花があっちを向いたり、こっちを向いたり
オマケに少しの風でもゆ~らゆら・・・
忍耐の要る花である。

Mizuhiki_8117_110831

ピンクの部分がほとんど無い株もいくつか、
Mizuhiki_8120_110831

ミズヒキ   /   タデ科    110831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンミズヒキ

金水引

Kinmizuhiki_8109_110831

キンミズヒキ   /   バラ科    110831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

アカソ

赤麻
今まで目にはしていたけれども、どうまとめてよいのやら分からず、
一度も記録したことの無い花。
ちょうど開花の真っ盛り、花穂が風に踊る様が余りに美しかったので、
挑戦してみた、悪戦苦闘の結果は・・・
まあまあかな???・・・自画自賛

Akaso_8141_110831

Akaso_8137_110831

アカソ   /   イラクサ科    110831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »