« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

5月30日-1

定点
ほんのわずかづつではあるが、日々緑が濃くなっている。

クロミノニシコゴリ(黒実の錦織木)?
1週間前は咲いているの2,3本だったが、いたるところで満開

ノイバラ テリハノイバラ(照葉ノイバラ)?
こちらもいっせいに咲き出す。

スミレ?
花の大きさは1Cmに満たない
木道のあいだに、一株だけ


おいしそうな洋菓子のよう

|

5月30日-2


1Cmほどの小さな花

イヌツゲ?
上の木のすぐ隣、一見同じように見えるが、こちらは花の直径数mm
葉に違いがある

|

2007年5月23日 (水)

5月23日 白い花

定点

エゴノキ?
湿原までの道に落ちた花。
木は数M


湿原入り口
花びらの幅が違うが同じ花??

クロミノニシコゴリ(黒実の錦織木)?
1Mほどの低木 湿原内

|

5月23日-2

イボタノキ(水蝋の木)?
房状になった花、
湿原いり口広場

全体
3M程度の潅木


テリハノイバラ(照葉ノイバラ)?
湿原内 30Cmほどの低木

|

5月23日-3

ニョイスミレ?

クロミノニシコゴリ(黒実の錦織木)?
湿原内 1Mほどの低木

アオイトトンボ

|

2007年5月17日 (木)

5月16日

3週間で山肌の緑はかなり濃くなってきました。
湿原も枯れ草ばかりだったのが、緑が目に付くようになりました。

ついこの前まで「ヒキガエル」のおたまじゃくしが、ひしめき合っていた
水たまりが、干上がってしまいこの通り。
あのおたまじゃくしは、どうしてしまったのか?
無事かえるになったのか?

モウセンゴケ

今年はじめて見た「オニヤンマ」?
オニヤンマにしてはちょっと小さいような気もするが・・・
羽化したばかりで、未だ羽がしっかり固まっていない様子で、
ちょっと羽ばたいては一休み。
どうも時期と大きさが気になって調べたら、どうも「ムカシヤンマor
ムカシトンボ」のようだ。

タンポポの綿毛
自然はどうしてこんなにも、繊細な形を作り出すのか?


木道で・・・・
写真を撮り忘れてしまったが、トカゲが1匹仰向けに日向ぼっこを
していた、近頃のトカゲはこんな姿勢で日光浴をするのかと一瞬
思ったが、どうも様子がおかしい、ひっくり返ったまま痙攣している
ようで、腹の辺りから出血している様子。 見るからに苦しそう・・・
多分ちょっと前に先行していた3人連れの誰かに踏み潰されてしま
ったのだろう、踏みつけようとして踏んだわけでは決して無いのだろ
うが、この姿を見ているととても哀れ。
小さな動物や、昆虫、植物にとって、人間と言う生き物は圧倒的な力
を持っている巨大な存在。
人間のなんでもない行動も、自然の中の生き物にとっては、生死を左右
する重大な出来事にもなりうると言うことを、あらためて感じる出来事でした。

|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »