2017年4月24日 (月)

東国鯖の尾の咲く渓で

今シーズンも無理かなと思っていましたが、何とか時間が取れたので行ってきました。
遠路訪ねたのだけれど、現地はあいにくの曇り空、風も強く気温が上がらず、虫たちも活動が鈍いせいか、蜜を無駄にすることは無いはとばかりに、閉じてしまっている花が大半。
そんな中でも、何とか開いていてくれる花を探して、撮ってきました。

何度見ても、惹かれる花です。

Tougokusabanoo_1966_20170419トウゴクサバノオ     東国鯖の尾     キンポウゲ科

 

Tougokusabanoo_1967_20170419

 

Tougokusabanoo_1969_20170419

 

Tougokusabanoo_1971_20170419

 

Tougokusabanoo_1980_20170419

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

小さな小さな花たち

自宅前の神社の境内。
草むしりの難を逃れた植物たちが、花の時期を迎えていました。
どれもこれも、小さな花で、それで草取りの災難を免れて、生き延びる事が出来たんでしょうね。

Hanaibana_1919_20170416ハナイバナ     葉内花     ムラサキ科

 

Hanaibana_1921_20170416

 

Hanaibana_1923_20170416

 

Kyuurigusa_1904_20170416キュウリグサ     胡瓜草     ムラサキ科

 

Kyuurigusa_1908_20170416

 

Kyuurigusa_1914_20170416

 

Tatiinunohuguri_1890_20170416タチイヌノフグリ     立犬の陰嚢     オオバコ科

 

Tatiinunohuguri_1897_20170416

 

Tatiinunohuguri_1918_20170416

 

Kasumagusa_1924_20170416カスマグサ     かす間草     マメ科

 

Kasumagusa_1925_20170416

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

スミレやスミレ

ちょうど今、どこの草むらもスミレが賑やか。

Humotosumire_1778_20170414フモトスミレ     麓菫     スミレ科

 

Humotosumire_1806_20170414

 

Tatitubosumire_1747_20170413タチツボスミレ     立坪菫     スミレ科

 

Tatitubosumire_1860_20170415

 

Tatitubosumire_1866_20170415

 

Tatitubosumire_1868_20170415

 

Tatitubosumire_1878_20170415

 

Himesumire_1902_20170416ヒメスミレ     姫菫     スミレ科

遠目に見ると色と言い、姿と言い菫そっくり。
でも、とても小さい。他の花も見てみるがどれも小さい。
多分これはヒメスミレだろうと思います。葉柄に翼もないようだし。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

花大根

先日初めて見た「ハマダイコン」に花はそっくりなのだが、ここは間違っても浜辺とは言えないところ、どちらかというと山中という雰囲気。
さぁ何だろう?? 帰ってから調べてみると「ハナダイコン」というのが有りました。「マ」と「ナ」の一字違いですが、こちらはどちらかというと園芸品種に近いようです。
でも、花はそっくりでした。

Hanadaikon_1836_20170415ハナダイコン 花大根 アブラナ科

 

Hanadaikon_1833_20170415

 

Hanadaikon_1832_20170415

 

Tatitubosumire_1828_20170415

ちょっと時期が遅かったけれど、ここの草むらにはこんなスミレが一杯咲いていました。
名前は何というの? と聞いてみても返事はありません・・・当たり前ですね。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

ちょっと気になるもの

別にどうということは無いのだけれど、何となく気を惹かれるってことありますよね。
最近であった、何となく気を惹かれたシーンです。

Koke_1875_20170415

朽ち果てても、次の世代への養分となり、そして森を育てていく、人間もそんな生きかたをしたいと思います。

Koke_1872_20170415

 

Kutita_ne_1783_20170414

 

Oojisibari_1928_20170416

神社の参道の、石垣と白壁の間に根を下ろし、しっかり生きていました。

Jirobouengosaku_1879_20170415

 

Jirobouengosaku_1883_20170415

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

野の花フォトクラブ撮影会

この日は所属する写真クラブの撮影勉強会が葦毛湿原周辺で行われました。
ポカポカ陽気の春の一日、とても気持ちの良い日でした。

Humotosumire_1780_20170414

 

Humotosumire_1802_20170414

 

Tatitubosumire_1785_20170414

 

Tatitubosumire_1788_20170414

 

Makinosumire_1808_20170414

 

Surugatennanshou_1800_20170414

上は往路で先生が見つけた駿河天南星、復路では太陽の光が往きとはまた違い、同じ花をもう1枚(下の画像)。
こういうのをひと花で2度おいしいというんでしょうか?
やはり「写真は光」ということを、しっかり教えられました。

Surugatennanshou_1816_20170414

 

Yamazakura_1794_20170414

「山笑う春」という言葉ぴったりの、この日。
弓張山系の山々も、一年で一番やわらかい表情を見せてくれました。

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

花と雫

今までこの脇の道路を何度か通っているのだが、全く興味がわかなかった。
でもちょうどきれいに咲いていて、しかも通り雨が降ったばかり、「花と雫」の、おいしい画像が撮れるかもしれないという期待を胸に車を停めてみました。
期待にたがわず、おいしいものをいただきました。

Hanamomo_1838_20170415ハナモモ     花桃     バラ科

 

Hanamomo_1841_20170415

 

Hanamomo_1845_20170415

 

Hanamomo_1848_20170415

 

Hanamomo_1851_20170415

 

Hanamomo_1854_20170415

 

Hanamomo_1858c_20170415

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

タンポポ畑に春が来た

その一角が黄色に染まっていました。
タンポポ、オオイヌノフグリ、オランダミミナグサ、ホトケノザ・・・春の野草たちが元気いっぱいに空き地を埋め尽くしていました。

西洋タンポポの勢力にすっかり押され気味の国産勢。
でもここのタンポポは在来種の日本タンポポのようでした、がんばれニッポン。
(がんばれニッポン・・・この言葉あまり好きじゃないのですが、植物の事だから良しとしときましょう)

Toukaitanpopo_1690_20170412トウカイタンポポ     東海蒲公英     キク科

 

Toukaitanpopo_1691_20170412

 

Toukaitanpopo_1694_20170412

 

Karasunoendou_1773_20170413カラスノエンドウ     烏野豌豆     マメ科

カラスノエンドウも、春の陽を独り占めするかのように、元気いっぱい。

レンゲ畑にも春が来ましたGenge_1821_20170414

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

ヤマイワカガミ

春の草花が例年より少し遅れ気味なので、咲いているかどうか心配はあったのですが、新たに教えていただいた場所へ山登りをしてきました。

ありました!咲き始めていました!数はまだそんなに多くは無かったのですが、咲き始めということでどの花も新鮮で、ひんやりとした山中で愉しい時間を過ごしてきました。

しかし、またまた難問にぶつかってしまったようです。
イワカガミかヤマイワカガミか?
どちらでも良いと言えば良いのですが、気にしだすとさっぱり分からなくなってしまいます。
これはどっち?誰か助けて~です。

Yamaiwakagami_1726_20170412ヤマイワカガミ     山岩鏡     イワウメ科

花の色、葉の鋸歯の様子からヤマイワカガミだろうとは思うのですが・・・

Yamaiwakagami_1697_20170412

 

Yamaiwakagami_1701_20170412

 

Yamaiwakagami_1705_20170412

葉の様子。
葉の表面の光沢から、”鏡”の名が付いたそうです。

Yamaiwakagami_1706_20170412

 

Yamaiwakagami_1709_20170412

 

Yamaiwakagami_1710_20170412

 

Yamaiwakagami_1721_20170412

 

Yamaiwakagami_1745_20170412

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

アケビ

この数日の雨と暖かさで、アケビの花が一気に咲き出していました。
恵みの雨と、暖かさです。・・・そして秋には実をつけて、動物たちに恵みを与えてくれることでしょう。

Akebi_1658_20170409アケビ     木通     アケビ科

アケビの花の柔らかな感じがとても好きです。

Akebi_1659_20170409

 

Akebi_1663_20170409

 

Akebi_1668_20170409

 

Akebi_1672_20170409

雄花に比べて、とても数が少ない、雌花。
オスはただただメスのために・・・・切ないね!

Akebi_1675_20170409

 

Akebi_1682_20170409

こんなにピンクのアケビの花は初めてみました。

Akebi_1685_20170409

 

Akebi_1689_20170409

 
 
※画像はクリックしていただくと、大きなサイズでご覧いただけます。※ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«花の命は短くて・・・・